マーケティングミックス

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • マーケティングミックスの様々な観点で利用できる。 ...
  • 「マーケティングミックス」という用語を最初に使用したのはニール・ボーデンである。 ...
  • キャンペーンテーマは通常、相当期間使われることを意図して開発されるが、しばしば、それらの多くは、効果があがらなかったり、市況によるものであったり、市場やマーケティングミックスでの競争などの要因によって短命である。 ...
  • 徹底的に内外環境の調査を終えた後、事業の方向性を定める達成目標を設定し、最適なマーケティングミックスを実行するべく詳細を練る。 ...
  • LGBTマーケティングの顧客へ向けたマーケティング活動のことで、専用広告と一般広告、LGBT組織やイベントへのスポンサー活動、マーケティングミックスのその他の要素などで行われている。 ...
  • このモデルの中心となる4C理論は、このモデルの20年後にノースカロライナ大学のロバート・ローターボーンも、IMCをマーケティングミックスに位置づけるために別の形であるが提唱している。
  • エドモンド・ジェローム・マッカーシーが1960年に提唱し、友人であったフィリップ・コトラー等が使っている有名な分類、「4P」を用いてマーケティングミックスが語られることが多い。 ...
  • 発想の出発点は1972年度の早稲田大学の修士論文に清水公一によってに書かれたマーケティングミックスの4Cである。 ...
  • なお、Nedra Kline Weinreichは、上記の4Pに下記の4Pを加えたものをソーシャル・マーケティングのマーケティングミックスとして提案している。 ...
  • 資本主義経済学では、市場競争とは、価格、製品、流通、プロモーションなどのマーケティングミックスの要素を変化させることで、利益、市場シェア、販売量の増加などの目標を達成しようとする売り手間の競争である。 ...
  • マーケティングコミュニケーションはロバート・F・ロータボーン等の提唱しているマーケティングミックスの4Cの一つでもあり、従来からある4Pのうちの「プロモーション」に対応している。 ...
  • マーケティングミックスモデリングは多くの場合、最適なマーケティング予算の決定とその分配に使用され、 ブランド価値の創造を管理しポートフォリオ全体の支出配分に役立つ。 ...
  • 従来マーケティングミックスの4Pの一つ、「プロモーション」に代わって、最近マーケティングミックスの4Cの一つとして「コミュニケーション」が注目されている。 ...
  • マーケティングミックスは、マーケティング戦略において、望ましい反応を市場から引き出すために、マーケティング・ツールを組み合わせることである。 ...
  • マーケティングミックスはマーケティング戦略において、望ましい反応を市場から引き出すために、マーケティング・ツールを組み合わせること。 ...
  • つまり、共生マーケティングは、これらの外部環境を十分踏まえて、なおかつ消費者への考慮要件を満たし、マーケティングミックスの4Cを誠実に遂行し、信頼を勝ち取るマーケティングである。 ...
  • 内部環境の要因としてはマーケティングミックスやそのモデリング、性能解析や戦略上の制約があり、 外部環境の要因としては、顧客分析、競合他社分析、目標市場分析、販促に影響を及ぼす技術的、経済的、文化的、法的、政治的環境要因の評価が挙げられる。 ...