マーケティングオートメーション

全て 名詞
28 の例文 (0.00 秒)
  • マーケティングオートメーションの運用の枢要はまさにこの部分にある。 ...
  • マーケティングオートメーションソフトウェアをはじめとするすべてのマーケティングシステムの導入目的は活用可能なレベルのデータの取得である。 ...
  • 以下の理由からマーケティングオートメーションの効果的な運用のためには、単に既存のweb予算の中を割いて導入するべきではない。 ...
  • これは必ずしも失敗を意味しないが、マーケティングオートメーションの応用可能性を狭める運用と言える。 ...
  • マーケティングオートメーションの実践を行うにあたって高額なソフトウェアを導入することは必ずしも必要ではない。 ...
  • 「カイゼンの時間計測」という行為に対して意識の改革が行われない場合マーケティングオートメーションの運用が失敗する可能性がある。 ...
  • これは、米国では営業部門がマーケティング活動の一環であるという定義の中でマーケティングオートメーションを発展させた経緯があったためで、営業とマーケティングの予算が分離している日本のビジネス業態において誤解が起きやすくなっている。 ...
  • また理解不足によって発生しうる問題として、セミナー管理ツールなどに、その役割を狭められていたり、たとえwebを活用している企業においても従来のサイトページにマーケティングオートメーションのプログラムを配置するだけで、その後のPDCA検討をしないケースが多い。 ...
  • マーケティングオートメーションと、コールセンター等で運用されているCRMとの共通点と相違点は次の通り。 ...
  • これと比較した場合、販売アプローチそのものをソフトウェアに代理行動させる仕組みがマーケティングオートメーションである。 ...
  • マーケティング予算と営業予算が明確に分断されている日本でマーケティングオートメーションの運用を開始するに当たっては、経営陣や営業統括部門、営業部門の理解・協力が不可欠となるが、これには困難を伴うことが多い。 ...
  • この概念をデジタル・コミュニケーション分野を中心に絞り込んだ概念がマーケティングオートメーションである。 ...
  • 再来訪型広告との相互連結設計を行う機能は、多くのマーケティングオートメーションソフトウェア各社が付加機能として標準的に保持している。 ...
  • また、Sparkという中小企業向けのマーケティングオートメーションソフトウェアもリリースしている。 ...
  • これに対して、マーケティングオートメーションとは、上記マーケティング概念をデジタルコンテンツ分野で活用するものであり、把握しているユーザー属性に沿って発信する情報コンテンツを変化させることでマーケティング活動の一部を形成させるものである。 ...
  • そこで、自社の商品の販売プロセスがマーケティングオートメーションによって活性化する改善スピードすなわち「時間あたり」を合理的に測定することが、ひとつの管理手法となる。 ...
  • マーケティングを効率的に実践しようという観点では、従来のwebマーケティングもマーケティングオートメーションも共通している。 ...
  • 次へ