マーケットブリーダー

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • マーケットブリーダーとは、生産したサラブレッドを市場で売却して利益をあげることを主な目的とする生産者のこと。 ...
  • 生産界は世界的な傾向として、生産馬の売却を目的とするマーケットブリーダーが増加し、自己所有を目的とするオーナーブリーダーは減少傾向にある。 ...
  • 生産専門のマーケットブリーダーとして、その後もフミノイマージンなどの活躍馬を送り出している。 ...
  • マーケットブリーダーに対しては、短期的な利益を追求するサラブレッド生産が品種の改良に必ずしも貢献しないとする批判が行われることもある。 ...
  • こうした彼の商業主義的な生産手法から、ブレンキロンは最初期のマーケットブリーダーであると見做されている。 ...
  • すべてのマーケットブリーダーが市場を正しく判断すれば、彼らが生産する仔馬は画一的な血統になる。 ...
  • 種付料は1500ドルだったので、マーケットブリーダーにとっては利益の大きな種牡馬となった。 ...
  • 一方で、セリ市の活況に代表される、サラブレッド価格の高騰や市場改革の試みが、マーケットブリーダーの台頭による成果であるという点も否定できない。 ...
  • こうした事情で、オーナーブリーダーは、長期的な展望のもとで優秀なサラブレッドを育成し、マーケットブリーダーではありえないような特別の高い成果をあげることがある、と好意的に評価が行われることがある。 ...
  • したがってマーケットブリーダーは、交配を行う時点で、2から3年先の販売価格を考慮に入れた上で、交配相手の種牡馬を選択する必要があり、彼らが生産するサラブレッドは市場の人気を反映したものとなる。 ...
  • マーケットブリーダーが仔馬を1歳で売却する場合、繁殖牝馬に交配を行う時点を投資の開始とすると、回収が行われるのは2年ほど先のことである。 ...
  • 当時の日本競馬界においては、国内最大の生産組織・社台グループが所有するサンデーサイレンスの産駒と、日本国外で生産された外国産馬が大きな勢力を占めており、馬を売って生計を立てるマーケットブリーダーが集まる北海道日高地方においては、馬主に対するコマーシャル面で強い訴求力を持つ独自の存在が求められていた。 ...
  • 荻伏牧場は生産馬を馬主に売却して生計を立てるマーケットブリーダーであったが、斎藤が惚れ込んだ本馬は、例外的に牧場所有のままで競走馬となった。 ...
  • 繁殖牝馬18頭を繋養する中堅規模の生産牧場で、仔馬のほとんどは売却するマーケットブリーダーである。 ...
  • マーケットブリーダーは、所有する繁殖牝馬の交配相手に、評価が定まる前の種牡馬を選択する場合、生まれた仔馬が売却可能な年齢に達する前に、その仔馬の市場価格が暴落し、当初の種付料や育成費用などのコストを下回るリスクを負う。 ...