マンテル大尉

122 の用例 (0.00 秒)
  • もう一機はマンテル大尉と同高度をこれは北へ向かって上昇していた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • そのとき、マンテル大尉の耳に異様なひびきを持つ声が流れこんできた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • でも、マンテル大尉は記録の上では一九四八年の一月に死んでいます。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉は全身の血がひふの裏側に凝り固まったような気がした。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉につられてグラスにのばしかけた謙造の手が宙に止まった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉は今、自分が何を目にしているのか想像することさえできなかった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉は管制塔との交信をすぐ規制どおり戦闘指揮所に切り変えた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉はそう思う自分の心のうしろめたさに人知れず視線を伏せた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • 第三中隊長のマンテル大尉のイヤホーンに各隊の指揮官たちの声が入ってきた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉の目にその物体は今や完全にコーヒーカップのさらのように見えた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • わずかな位置のずれはマンテル大尉の乗機の動きによるものだった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉は『UFOに殺された男』として全米中の注目を浴びたんだ。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン チョコ編』より引用
  • マンテル大尉の報告の内容について真剣に考えた者はもちろん、心にとめた者さえいなかった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • だがマンテル大尉にはそんなことはどうでもよかった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • 中佐の言葉を聞いているうちにマンテル大尉の体にふと奇妙な戦慄せんりつがはしった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉にはそれが回転灯かいてんとうのように思えた。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉の目の前で遠い地平線が急激に回転しつつあった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • マンテル大尉は心のどこかで不審を感じたが、この敵をこのまま逃がす手はなかった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • ドイツ機のパイロットはマンテル大尉よりもおそらくずっと早くあの奇妙な物体を発見したのにちがいない。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • 沖縄おきなわに進出した第五四一追撃戦闘大隊の第一中隊長がマンテル大尉の新しい任務だった。 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』より引用
  • 次へ »