マンティコア航宙軍

17 の例文 (0.00 秒)
  • トラヴィス・ロングはふとしたことからマンティコア航宙軍に志願する。 ...
  • 今やヘイブン航宙軍はマンティコア航宙軍と技術レベルでほぼ肩を並べ、その規模は遥かに大きい。 ...
  • スフィンクス出身の元マンティコア航宙軍軍医官で脳神経クリニックを経営。 ...
  • マンティコア航宙軍とグレイソン航宙軍の両方で提督となる。 ...
  • オナーはマンティコア航宙軍に戻り、4隻の偽装船を率いて海賊を退治する命令を受ける。 ...
  • オナーがマンティコア航宙軍任務に戻った後、グレイソンに留まり宙将補に昇進する。 ...
  • 工作活動中にマンティコア航宙軍に捕縛され、尋問のためマンティコア主星系に連行される。 ...
  • オナーはマンティコア航宙軍史上初の三階級特進により提督となり公爵に叙されるが、負傷の治療のために軍務にはすぐに戻らず、サガナミ島の士官学校校長に就任する。 ...
  • マンティコア航宙軍は自国と同盟国を防衛するために広く薄く広がることになり、第八艦隊も分散して作戦せざるを得ず、オナー率いる分艦隊はソロン星系でジスカール提督率いる共和国艦隊と強力な星系防衛網の待ち伏せを受け撃退される。 ...
  • 一方ヘイブンはマンティコア航宙軍とグレイソン航宙軍の主力を前線におびき出すおとり作戦を実行し、イェリツェン星系に残る主力艦はオナー率いる第一戦闘戦隊の超弩級艦6隻だけになる。 ...
  • オナーは時折登場するだけであるが、ミシェル・ヘンケやアイヴァース・テレコブやマイケル・オーバースティーゲンなど、マンティコア航宙軍の同僚たちが登場し、マンティコア周辺の宙域での、本シリーズの『At All Costs』以降と同時期の活躍を描く。 ...
  • オナー・ハリントンの時代の約400年前、ステファニー・ハリントンと同時代のマンティコア航宙軍勃興期の軍人。 ...
  • オナーがサイレジア近傍のマーシュ星系に派遣された際、オナーの要望に応え、マンティコア航宙軍では階級が一つ下がって准将になるにも関わらず快諾し再び幕僚長に就任。 ...
  • 離散歴紀元1865年にマンティコア航宙軍に入隊したベテランで電子機器技術者として極めて有能だが、宙兵隊員に喧嘩を売る性癖があり何度も降格処分を受ける。 ...
  • 士官候補生として候補生訓練航海では同盟するマンティコア航宙軍の、マイケル・オーバースティーゲンの指揮する重巡洋艦ガントレットGauntletに乗り組む。 ...
  • サガナミ島の士官学校でオナーの講義を受け、士官候補生としてマンティコア航宙軍重巡洋艦ヘキサビューマに乗艦し候補生訓練航海に臨む。 ...