マメツブ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 地上を離れたと思って窓から下を見ると、家も自動車も豆粒になっている。 ...
  • まだ豆粒のような影だが、あの速度では数分でここへ到着するだろう。 ...
  • 豆粒のように小さいが、それは恐ろしく高いところを飛んでいるせいだ。 ...
  • あちらにも一つ、ずっととおくのほうにも、豆粒まめつぶのようなのがえています。 ...
  • ネズミというよりも、豆粒まめつぶくらいの大きさの子ブタのようなものでした。 ...
  • 桐乃の背中がマメツブみてーになったところで、果たして助けは現れた。 ...
  • おとこは、ちいさなはこなかから、銀色ぎんいろひか小豆粒あずきつぶほどのいししました。
  • 肉眼では豆粒ほどにしか見えないものがモニター一杯にまで大きくなった。 ...
  • 鷹はそれを追いかけて、やがて二羽ともまめつぶのように小さくなった。 ...
  • 豆粒のようになって、みえなくなった時、源三郎が十手から手をはなした。 ...
  • 豆つぶほどのたばこの火が、闇の中にチラチラとうごいていましたから。 ...
  • 豆粒のような欠片を一口食べるだけで、通常の何倍もの食欲を発揮できる。 ...
  • その向こうに、ヴァリスの兵士が行き来する様が、豆粒のように見えた。 ...
  • ホアンは、つまらなそうな表情で下方にある豆粒大の街を見つめている。 ...
  • 胡麻ごまほどに縮んだかと思うと、西日の中で小豆粒ほどになって反転する。 ...
  • この高さでは豆粒にしか見えないと思うが安心はできない。 ...
  • 株首の下に見える下界の演習場のテントや車は、もう豆粒まめつぶのようだった。 ...