マドラーソ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • アマリアと親しかったマドラーソは通常の半分の価格で本作品を描き上げている。 ...
  • マドラーソは偉大な名声を享受したときにはほぼ完全に肖像画に専念した。 ...
  • 本作品においてマドラーソは様々な肖像画の技法を駆使している。 ...
  • マドラーソが本作品を制作したときアマリアは32歳であった。 ...
  • マドラーソは最初に父親から絵画の手ほどきを受けた。 ...
  • マドラーソは当時のいくつかの雑誌に記録用のエングレービングや素描で協力し、まれに絵画と芸術全般に関するいくつかの理論的考察も発表した。 ...
  • マドラーソ家はスペインの最も重要な画家一族の1つであり、文字通り19世紀のスペイン画壇を支配した。 ...
  • パリでフランス的な方法とロマン主義的なスタイルを獲得したマドラーソはローマに2年間滞在した後、スペインに帰国し、1842年以来、カタルーニャの巨匠に代表されるマドラーソと同様にフランスやイタリアで学んだ芸術家たちに囲まれて、芸術的かつ教育的で激しい主題の作品を展開した。 ...
  • 彼女が画面の中で見せている優雅で滑らかな身体の動きや、親しみを感じさせる様子はマドラーソの肖像画の中でほとんど唯一のものであり、画家とアマリアとの親密な関係をうかがわせる。 ...
  • このときマドラーソは14歳であった。 ...
  • 女王イザベル2世の時代のスペイン社交界において最も人気があり、知的かつ魅力的な女性であったを描いた本作品は、画家がフランスで学んだ新古典主義の巨匠ドミニク・アングルの影響が見て取れ、肖像画家マドラーソの、そして19世紀のスペインロマン主義肖像画における最高傑作とされている。 ...
  • マドラーソはフリルおよびドレスの複雑に折り重なったひだや光沢にいたるまで入念に仕上げているが、ビルチェス伯爵夫人を暗い背景の中に置き、画面左から当てた照明で柔らかく彼女を包むことによって、彼女の白磁を思わせる白い肌を強調し、豪華な衣装の効果を強めている。 ...
  • 当時マドリードにいたマドラーソは、父ホセがスペイン国王フェルナンド7世の宮廷画家であったのと同じように、スペイン女王イザベル2世の宮廷画家だった。 ...
  • マドラーソは特に貴族の世界と文化を象徴する肖像画、女流作家、出版編集者、女流作家、詩人、ビルチェス伯爵夫人、エスペハ侯爵夫人()、将軍、、およびいくつかの歴史画を描いた。 ...
  • thumb|245px|『ビルチェス伯爵夫人』父ホセがプラド美術館のディレクターを辞任した3年後、マドラーソは父と同じ地位に任命され、1868年のでそれを失ったが、プラド美術館と王立サン・フェルナンド美術アカデミーをそれぞれ2度監督した。 ...