マグネシウム合金

89 の用例 (0.00 秒)
  • また、マグネシウム合金フレームを採用したモデルも存在していた。
  • 上部構造物は3層構造であり、アルミニウム・マグネシウム合金製とされている。
  • またセンタートンネル近辺にはマグネシウム合金も使用された。
  • また主要部分にマグネシウム合金を採用するなど、ビルドクオリティも確保されている。
  • 機体にはマグネシウム合金を大量に使用し、翼はより一般的なアルミニウム合金であった。
  • 推進部は、軽量化のためにマグネシウム合金を構造体に用いており、軌道姿勢制御システムが設けられている。
  • ただし近年不燃性のマグネシウム合金が開発されたため、この欠点が大きく解決する可能性がある。
  • マグネシウム合金は軽くて強い、リサイクルしやすい、という特徴を持っている。
  • そのため、1960年代以来マグネシウム合金がホイールの材料として使用される。
  • また、KUMADAIマグネシウム合金を加工する専用工場を世界で初めて設置することを発表した。
  • KUMADAIマグネシウム合金専用工場については次のとおり。
  • また、空挺部隊用に車輪のホイールを軽量のマグネシウム合金にしたものが少数作られた。
  • 圧縮機にはマグネシウム合金製に取り替えるなど、細部にも同様に多くの改良が施された。
  • また、エンジン軽量化のために多用したマグネシウム合金製の部品が発火しやすいという問題も抱えていた。
  • ボディは軽量かつ剛性をもたせるため、マグネシウム合金が初めて採用された。
  • マグネシウム合金に微量添加することで機械的特性を向上する。
  • マグネシウム合金の添加元素として最も基本的なものはアルミニウムと亜鉛である。
  • E61はマグネシウム合金を外装素材に採用し、本体の剛性に優れている。
  • マグネシウム合金は水に弱いため、冷却材に軽水を使用する軽水炉では、被覆管に穴が開いてしまう恐れがあることから使用されない。
  • プラットフォーム部とホイールはマグネシウム合金製であった。
  • 次へ »