マクゴナガル先生

434 の用例 (0.00 秒)
  • そして、やつの前で一芝居打って、マクゴナガル先生と大声で話をした。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 全力で走るマクゴナガル先生に率いられた机の群れが疾走してきたのだ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • ハリーは、マクゴナガル先生が怒ったのをこれまで何度か見たことはある。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • マクゴナガル先生は多分玄関ホールの床を拭くのを指揮しているのだろう。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • ハリーが話し終わったとき、マクゴナガル先生はやや混乱した表情だった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 「魔法省がそれを適切だと考えるならです」マクゴナガル先生が言った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06b ハリー・ポッターと謎のプリンス(下)』より引用
  • 足音がして、ドアが開き、マクゴナガル先生がハリーの真正面に現れた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 二人は石の螺旋階段の一番上で降り、マクゴナガル先生が扉を叩いた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 「二人は図書館の近くで発見されました」マクゴナガル先生が言った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • マクゴナガル先生が二人を無視したので、ハリーは絶対不公平だと思った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • フィルチは二人を二階のマクゴナガル先生の研究室へ連れていった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • かわりに、マクゴナガル先生の声が魔法で拡声され廊下に響き渡った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 小屋と城のちょうど半ばで、赤い光線がマクゴナガル先生を突き刺した。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • マクゴナガル先生がグリフィンの形をしたノッカーで扉を三度叩いた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • そしてマクゴナガル先生が大広間に居るハリーのところへ急いでやってきた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • そもそもハリーをシーカーにしたのは、マクゴナガル先生自身なのだ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • マクゴナガル先生は、ほかの生徒が全員いなくなるまで待って、こう言った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 一瞬ハリーを見つめたあと、マクゴナガル先生の体がグラリと揺れた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06b ハリー・ポッターと謎のプリンス(下)』より引用
  • この答えだけはさすがのマクゴナガル先生にも予想外だった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • マクゴナガル先生はなぜか、自分が悪いことをしたに違いないという気持にさせる。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • 次へ »

マクゴナガル先生 の使われ方