マイル四方

56 の用例 (0.00 秒)
  • 周囲三マイル四方の所には、ほとんど一軒も完全な百姓家はなかった。 ゴーゴリ/原久一郎訳『隊長ブーリバ』より引用
  • 近所の人たちが集まって、数マイル四方にわたって森や山を探しまわった。 O・ヘンリー/大久保康雄訳『O・ヘンリ短編集』より引用
  • 戦場には、二マイル四方の平地に、四万の将兵と一万の馬が倒れている。 加瀬俊一『ナポレオン その情熱的生涯』より引用
  • そこには二十マイル四方から、千人もの人が集まっていた。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 土地会社は土地のバランスの測量のために町を5マイル四方の大きさで並べた。
  • ご覧のとおり、ここ五マイル四方、パラパラ家が建っているだけだろう。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • そして、もちろん、このころには銃火はもう戦線の数マイル四方に広がっていた。 オーウェル/高畠文夫訳『カタロニア讃歌』より引用
  • この地方数マイル四方の人々は、貴賤を問わず、みなこの出来事を噂し合った。 イエイツ編/井村君江(編訳)『ケルト妖精物語』より引用
  • 同時に、猫は恐怖のいろを示し、犬が一マイル四方に聞こえる吠え声を立てた。 ラヴクラフト全集2『05 「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」 3 探査と招魂』より引用
  • 本土部分はおおまかに7マイル四方の正方形をなしているとよく表現される。
  • 現れる場所は十マイル四方、ほぼロンドン中に散らばっている。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 紅炎プロミネンスは、そのひとつひとつが三隻の宇宙船を包み、宇宙空間数百マイル四方へ伸びた。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • ケンドール郡は18マイル四方の広さがあり、下記9つの郡区に分割されている。
  • 次にこれを36枚の土地、すなわち1マイル四方のセクションに分けて管理した。
  • この半マイル四方には、その家があるだけです。 フリーマン/大久保康雄訳『歌う白骨』より引用
  • 古い一族が住んでいたお城はもううつろな廃墟になり、七マイル四方、身分の低い人たちしかいなかったからだった。 ディケンズ/北川悌二訳『骨董屋(下)』より引用
  • 周囲数百マイル四方にわたって、これからぼくが出会うだろうだれひとりとして、真実の語りを語らないのだ。 クロウリー『エンジン・サマー』より引用
  • この赤い光のなかに、数マイル四方が黒ぐろと、くっきりと浮かびあがった。 ウエルズ/水嶋正路訳『解放された世界』より引用
  • 今日、西部保留地にある町は、州の他の地域の町の大部分とサイズが異なり、6マイル四方となっている。
  • そこで、そのあたり半マイル四方ばかりの所を探しまわる。 マクリーン『ナヴァロンの要塞』より引用
  • 次へ »

マイル四方 の使われ方