ポーポイズ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ポーポイズとの戦いに比べれば、雲中飛行にはまだ余裕があった。 ...
  • 波があれば、そこへもう一つ上下動が加わって、ポーポイズがはげしくなる。 ...
  • 過荷重状態時にポーポイズしやすい傾向もあった。 ...
  • ポーポイズの影響を低減するための試みであったが、ミニセイルは流体力学的効率を低下させ、艦の全体的な速度低下を招いた。 ...
  • 二式大艇のポーポイズ事故による犠牲者は、後を絶たなかった。 ...
  • なお、同じFedExのMD-11型機による1997年の事故は、事故原因は人為的要因が高いとみられており、今回の事故と同様にポーポイズを起こしており、強引に修正しようとして横転している。 ...
  • 一行はシドニーに到着し、ブライは、ショートの2人の部下の供述に後押しされ、ポーポイズの艦長の座を剥奪して娘婿にその座を与えていた。 ...
  • その後ブライは、パターソンの命令によりポーポイズの指揮から外され、1810年の1月までホバート南部のの河口に停泊させられた。 ...
  • 完全に揚力がつくまでの間、そのポーポイズをたくみにのりこなさないと、海中に頭を突っこんだり、ひっくり返ったりする。 ...
  • しかしブライはショートの艦ポーポイズに乗りこみ、護送船団の支配権を強奪した。 ...
  • 事故調査報告書の内容を要約すると、同機が成田空港滑走路34Lに着陸した際、ポーポイズに陥り、3回目の接地時に左主脚から左主翼構造に伝わった荷重が設計値を大幅に上回るものとなった為、左主翼が破断した。 ...
  • その後間もない1826年に海軍大尉に昇進し、USSポーポイズ乗艦を命令され、1827年の父の死後2年間故郷に帰り、続いて1829年にUSSオンタリオ乗艦となった。 ...
  • 海軍本部は、補給艦のポーポイズとその護送船団の指揮を、階級の低いジョセフ・ショートに任せ、ブライには輸送艦の指揮を命じた。 ...
  • なお、porpoiseの発音は「ポーパス」に近いが、英文の綴り方を直読みすることの多い日本では「ポーポイズ」とされているようである。 ...
  • 別のアベナキの大隊はポーポイズ岬を襲った。 ...