ポプラの木陰

6 の例文 (0.00 秒)
  • アンとミス・ラヴェンダーは、ポプラの木陰の石のベンチにこしかけて、話した。 ...
  • 卓一達が遊んでゐると、ポプラの木陰にうづくまつて、葉の隙間からヂッとのぞいてゐることがあつたが、卓一達がそれを認めた瞬間には逸早く落葉をふんで逃げだしてゐた。 ...
  • ポプラの木陰は、ところどころ残つてゐたが、切りひらかれた立派な道が縦横に通じ、あたりは一面文化住宅がたちならんでゐた。 ...
  • 現在の川港は、周囲の湿地の穏やかさ、ポプラの木陰を楽しむ散策者や、漁業関係者の来訪を歓迎している。 ...
  • アンは、携えてきた花をマシュウの墓にたむけたあと、へスター・グレイの眠る、狭いポプラの木陰の一隅に行った。 ...