ポシュニー

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • ポシュニーは戦後もモン族の妻と4人の子を連れてタイに留まっていた。 ...
  • CIAではポシュニーの準軍事組織を組織する能力を評価し、1959年にを授与した。 ...
  • モイ族は当時のアメリカ政府基準にて「野蛮」とされていたが、ポシュニーは訓練を通じて彼らから敬意を払われるようになる。 ...
  • またポシュニー自身はダライ・ラマ14世のチベット脱出を援護したと主張しているが、これはチベット地区で活動していた複数の元CIAエージェント及びチベット亡命政府当局によって否定されている。 ...
  • 映画『地獄の黙示録』の登場人物、ウォルター・カーツ大佐のモデルとされることもあるが、監督フランシス・フォード・コッポラとポシュニー自身がそれを否定している。 ...
  • これを受け、1970年にCIAはポシュニーのラオス駐在の任務を解き、1974年に退役するまでタイの訓練基地に配置していた。 ...
  • その2年後の1961年、ポシュニーはと共にラオスに送られ、北ベトナム及びパテート・ラーオに対抗するべくモン族民兵の編成及び訓練を命じられた。 ...
  • 朝鮮戦争後、ポシュニーはバンコクに拠点を置くCIAのダミー企業、オーバーシーズ・サウスイースト・アジア・サプライ、通称SEAサプライの社員として、ビルマに逃れていた国民革命軍の残党に対する軍需物資の援助を行った。 ...