ホツマツタヱ

全て 名詞
42 の例文 (0.00 秒)
  • ホツマツタヱに名前が見えるが一般的には偽書と見られているため信憑性は低い。 ...
  • ホツマツタヱによれば、 姫や臣たちが死ぬのを待ち、一緒に葬った。 ...
  • 再発見の経緯は『ホツマツタヱ発見物語』によって公表されている。 ...
  • 神上がってから後に、歳徳神と称えられたと『ホツマツタヱ』には記されている。 ...
  • 厳密には成立時期は不詳であり、ホツマツタヱと同様に確実に遡ることが可能なのは江戸時代までである。 ...
  • 長武は、ホツマツタヱと古事記・日本書紀の同一内容の箇所を比較して研究することをはじめて試みている。 ...
  • ホツマツタヱによれば、蓬莱身山を富士山と名付けたという。
  • ホツマツタヱによれば、磯城県主クロハヤの館で生まれ、そのときに朝日が輝いたのでこの名が付いた。 ...
  • 江戸時代に作られた偽書であるとする説がある『ホツマツタヱ』には、『記紀』よりも詳細に稚日女のことが記されている。 ...
  • ホツマツタヱの信憑性が乏しく、実在していたかは不明。 ...
  • 同文献の約10万文字、1万行のヲシテを研究し、古事記・日本書紀でいう神代〜景行天皇までの御世について『ホツマツタヱ』が豊かな記述を残しているということなどを明らかにしてきた。 ...
  • そのプロセスを『ホツマ』と命名しているとし、『ホツマツタヱ』はこうしたプロセスを経て纏められた文書群を後世に伝えたものであるとする。 ...
  • ヲシテ研究者によると『古事記』『日本書紀』とホツマツタヱ・ミカサフミの同内容の箇所を精密に照合することによって、記紀の原書である事が認められる文献であると主張されている。 ...
  • そしてこれを機に、「盲人に提灯」の読者に対し『ホツマツタヱ』を共に読むことを提案し、これに応じた仙台・東京・名古屋、少し遅れて大阪では、月一回の「ホツマツタヱ研究会」が発足した。 ...
  • 確認されている和仁估によるホツマツタヱの写本2種の内、漢訳のない写本は天保年間に京都の天道宮の神主を務めていた小笠原通当に貸し出された。 ...
  • 長弘は明治7年正木昇之助と共にホツマツタヱの一部を抜粋し、宮中に奉呈しようと試みた。 ...
  • また、『日本書紀』『古事記』との、内容比較においてどう判断してゆくかは、『ホツマツタヱを読み解く』によって公表されている。 ...
  • 次へ