ホツマツタヱ

38 の例文 (0.01 秒)
  • ホツマツタヱに名前が見えるが一般的には偽書と見られているため信憑性は低い。 ...
  • 厳密には成立時期は不詳であり、ホツマツタヱと同様に確実に遡ることが可能なのは江戸時代までである。 ...
  • 神上がってから後に、歳徳神と称えられたと『ホツマツタヱ』には記されている。 ...
  • 長武は、ホツマツタヱと古事記・日本書紀の同一内容の箇所を比較して研究することをはじめて試みている。 ...
  • 再発見の経緯は『ホツマツタヱ発見物語』によって公表されている。 ...
  • 江戸時代に作られた偽書であるとする説がある『ホツマツタヱ』には、『記紀』よりも詳細に稚日女のことが記されている。 ...
  • 長葉江の父親であり、葉江の子とされるが、ホツマツタヱの信憑性が乏しく、実在していたかは不明。 ...
  • そのプロセスを『ホツマ』と命名しているとし、『ホツマツタヱ』はこうしたプロセスを経て纏められた文書群を後世に伝えたものであるとする。 ...
  • 十市県主大目の父親であり、若葉江の子とされるが、ホツマツタヱの信憑性が乏しく、実在していたかは不明。 ...
  • また『覆刻版ホツマツタへ』の上梓は、『ホツマツタヱ』研究発展に重大な影響を与えた。 ...
  • ヲシテは、いずれも江戸時代中期には存在したことが確認されている『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』『カクのミハタ』を記述している文字である。 ...
  • ヲシテ研究者によると『古事記』『日本書紀』とホツマツタヱ・ミカサフミの同内容の箇所を精密に照合することによって、記紀の原書である事が認められる文献であると主張されている。 ...
  • 確認されている和仁估によるホツマツタヱの写本2種の内、漢訳のない写本は天保年間に京都の天道宮の神主を務めていた小笠原通当に貸し出された。 ...
  • ヲシテ文献のひとつ「ホツマツタヱ」のカミヨの記述の内、アマカミの記述以外、臣下であるトミ・オミの記述は全く神代の時代の記紀に見られないからである。 ...
  • そしてこれを機に、「盲人に提灯」の読者に対し『ホツマツタヱ』を共に読むことを提案し、これに応じた仙台・東京・名古屋、少し遅れて大阪では、月一回の「ホツマツタヱ研究会」が発足した。 ...
  • また、同時期に分家小笠原長恭宅で『ホツマツタヱ』全40アヤも相次いで発見する。
  • 「ホツマツタヱ」など、「ヲシテ」「ヲシテ文献」の研究をしている。 ...
  • だが、松本善之助により『ホツマツタヱ』の全文が発見されたのは、昭和41年であり、その後の、吾郷清人や鳥居礼などの研究家からは古史古伝のひとつであるとされていた。 ...
  • そして懇意だった国語学者と古代史の大学教授に『ホツマツタヱ』を知らせたが、けんもほろろな応対であった。 ...
  • 長弘は明治7年正木昇之助と共にホツマツタヱの一部を抜粋し、宮中に奉呈しようと試みた。 ...
  • また、『日本書紀』『古事記』との、内容比較においてどう判断してゆくかは、『ホツマツタヱを読み解く』によって公表されている。 ...
  • 溥泉は、先師よりホツマツタヱとミカサフミおよびカクのフミの写本を見せられ、朝日神紀・春日山紀・神明帰仏編を記し、その中でそれらを引用した。 ...
  • 和仁估によるホツマツタヱとミカサフミの写本は発見ずみである。 ...
  • また、『ホツマツタヱ』などの内容についての総合的な解説は『ホツマ辞典』によって、年表や、系図も付録されて詳しく公表されている。 ...
  • その根拠として、『日本書紀』『古事記』などの漢字文献類とヲシテ文献の比較・対比、ホツマツタヱに記述されている『アワウタ』の存在を挙げる。 ...
  • 「奉呈本」には3アヤしか収められていなかったため、松本は全巻の捜索に取り組み、四国の宇和島の旧家小笠原家で、ホツマツタヱ全巻の写本を2つ発見、さらに、国立公文書館の内閣文庫にも全巻の写本が収蔵されているのを発見した。 ...
  • 文献全体の包括的な史料批判は、池田満によって『定本ホツマツタヱ』が上梓されて、『古事記』『日本書紀』との原文の内容比較がなされている。 ...
  • 諸写本の微妙な文字の違いの校異の表記、『古事記』『日本書紀』と『ホツマツタヱ』の3書比較、『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』『カクのフミ』の総合的な研究とその本来のあるべき姿への復権が進められつつある。 ...
  • 次のページ