ホツマツタエ

全て 名詞
4 の例文 (0.00 秒)
  • この瀬織津姫は本当の瀬織津姫かは、ホツマツタエが偽書であるかないかとともに、真偽が問われる部分である。 ...
  • また六甲比命講は、六甲比命が向か津姫=瀬織津姫と同一の神であることを特定し、六甲比命大善神の磐座の存在が六甲山の山名の由来であると推定しているが、これらは『ホツマツタエ』の記述から導き出されたものであるとする。 ...
  • また六甲比命講は、瀬織津姫を祭神としている神社の総本宮は兵庫県神戸市に鎮座する六甲比命神社と考えられるとし、六甲比命大善神の磐座の存在が六甲の山名の由来であると推定し、またこれらは『ホツマツタエ』の記述から導き出されたものであるとする。 ...
  • 幾つかの写本では「ホツマツタへ」「ホツマツタエ」とも、また漢訳されて「秀真伝」「秀真政伝紀」とも表記されている。