ペネローペ

全て 名詞
11 の例文 (0.00 秒)
  • そして実際ペネローペのように、彼女は夫の帰りを待っていた。 ...
  • ペネローペは、小惑星帯に位置する小惑星の一つでM型小惑星に分類される。
  • ところがその求婚者先生たちにたいして、ペネローペがひとつの条件を持ち出すんだ。 ...
  • ペネローペの求婚者が、かたっぱしから矢で射殺されるというあの話に、なにかこんどの事件の暗示があったのではないか。 ...
  • そのときぼくは、あのペネローペの思いあがった求婚者たちが、牛や豚を殺して肉を裂き火にあぶったさまを、まざまざと思い浮かべる。 ...
  • アルノー夫人は一人で家にいて、ペネローペがあの名高い編み物をしてるときの落ち着きを思わせるような、逆上のぼせ気味の落ち着きで編み物をしていた。 ...
  • ヴァリアリア ペネローペにならはうといふお積りね、でも、ペネローペがユリシーズの遠征中、自分の貞節を守る為に紡いだ糸は、イサカの男達を自分に言ひ寄る蛾の様な怠け者ばかりにしてしまつたさうね。 ...
  • つまり、わたくしたちはお互いに、せっせとペネローペの布〔ギリシア神話で夫のオデュッセウスがトロイア出征中、多くの求婚者に対し、女神アルテミスの祭壇に捧げる誓いを立てた布を織り終えるまでは、求婚に応じられぬと称し、昼間織った布を夜ひそかにほどいたという〕を織っているようなありさまでした。 ...
  • そこで、そのこけ丸のユリシーズがもののみごとに強弓を引くことによって、われこそは英雄ユリシーズなるぞてぇことを誇示すると同時に、ふとどきしごくなヘナチョコ野郎どもをかたっぱしから矢で射殺いころし、めでたくペネローペの君の腕に抱かれるというのが大団円だ。 ...
  • このくだりには、女のなかでもことのほか貞潔で、かつ非の打ちどころもない、あのイタケの妃ペネローペが、二十年の別離の後に、ようやくいとしい夫、オデュッセウスと再会するにいたるいきさつが物語られている。 ...