ペネロペイア

全て 名詞
52 の例文 (0.00 秒)
  • よく気のまわるペネロペイアはそこに腰をおろした。 ...
  • ペネロペイアも婦人部屋を出て広間に降りて来、客人を侮辱したことにつき一同を非難する。 ...
  • そいでおまえはペネロペイアにここへくるよういいなさい、侍女たちをいっしょに連れてな。
  • だがもしおまえが、あのひととペネロペイアとの子でないというなら、それならばもちろんおまえに成しとげようとの期待をかけてはいまい、どう熱心におまえが心がけようとね。 ...
  • それから気のよくまわるペネロペイアも、奥の間をでて来た。 ...
  • もしひょっとしてどこかから知らせ手が来たおりに、思慮のあるペネロペイアさまが来いとおっしゃらなければだが。 ...
  • しかしいうまでもなくペネロペイアも、長いことこの話を聞き知らないではすませなかった、求婚者どもはこのことを胸底にそっと秘しておこうとしたのだったが。 ...
  • ペネロペイアは日夜、そのひとのことを思いました。 ...
  • いまでは誰にしろ心中では、オデュッセウスの奥方のペネロペイアと結婚しようと望みをかけ、また切望しているのです。 ...
  • この女はドリオスの娘で、ペネロペイアが世話をして自分の娘同様に育てあげ、いつも気に入るような遊び道具を与えていた。 ...
  • 豚飼いが面と向かってその姿を見て主人とさとり、用心ぶかいペネロペイアにしらせにいって、自分の胸だけにしまっておけないようではなるまいから。 ...
  • つつしみ深いペネロペイアが、姿においても丈の高さでも、対面して見たおりに、ずっと劣っておりますことは。 ...
  • ペネロペイアは暗がりにとりのこされたまま、空ろな望みをかきたてるしかありませんでした。 ...
  • 終えたらさいご、ペネロペイアはこの家を出て、待ちあぐねる求婚者共のうちのだれかに嫁がねばならないのでした。 ...
  • その楽人の神々しい歌声を二階の部屋から、イカリオスの娘の人にすぐれて思慮深いペネロペイアが心にかけて聞きとめたのであった。 ...
  • もし本当におまえが私の子、われわれの血筋の者なら、オデュッセウスがうちに帰って来ていることを、誰にもいうな、ラエルテスどのにも豚飼いにもまったく知らせないように、召使いたちの誰にも、ペネロペイア自身にもいってはいけない。 ...
  • そのあわいにあって、ペネロペイアは心細さになすところを知らず、出まかせにたよっていたまでです。 ...
  • 次へ