ペネロピ

全て 名詞
62 の例文 (0.00 秒)
  • この仕事はペネロピの娘-ペネロピと名付けられた-によっても続けられた。 ...
  • ペネロピの艦長を含め415名が戦死し、生存者は206名だった。 ...
  • 軽巡ペネロピが曳航を試みたが強風のため失敗し、近くの海岸に乗り上げた。 ...
  • そのほかの産駒も成功し、ペネロピは1号族o分枝の祖となった。 ...
  • ペネロピのみはマルタ島にとどまったが、これはペネロピが撤退するには損傷を受け過ぎていたからであった。 ...
  • ペネロピは敵の反撃で被弾したが被害は軽微であった。
  • さらにブラックウッドは信号も使って、ペネロピが追撃に出る旨を上官に伝えようとした。 ...
  • 前者はさらにパズル、後者はポーン、ペネロピを出し、1号族は急速に拡大した。
  • 日本ではペネロープと発音されるが実際の発音はペネロピ。 ...
  • これによりライオンとペネロピが追いついてきて戦闘に復帰し、代わりにフードロヤントは応急処置のため戦場を離脱した。 ...
  • ペネロピの損害は大きくはなく、マルタに戻って修理を受け1942年1月はじめには戦列に復帰した。
  • ペネロピは、マストと索具に軽い損傷を負っただけだった。 ...
  • ペネロピは19世紀初頭に活躍したイギリスの競走馬、繁殖牝馬。 ...
  • ペネロピは9月26日に軽巡洋艦オーロラとサレルノの戦闘地域を離れていた。
  • 数年間ニューヨークで暮らした後、彼女はローマへと移住し、そこで1968年に彫刻家のペネロピ・ジャーディンと出会う。
  • この船団は水上と空からの激しい敵の攻撃を受け、被弾したブレコンシャーはペネロピによって曳航され、マルサシロク港に無事到着した。
  • 一九〇九年 町治四十二年 三十五歳 一月九日、戯曲『ペネロピ』上演。 ...
  • 次へ