ベッ甲

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ホテルにおける男は、大きなべっ甲ぶちの眼鏡をかけていたという。 ...
  • べっ甲縁のメガネをかけた六十前後の小柄な男だった。 ...
  • そういう本の上にべっヽヽ甲のつるの老眼鏡がおかれているのは、どこか微笑ましいような風景であった。 ...
  • 大きなべっ甲縁の眼鏡をかけているのが、満月のようなまん丸い顔にひとつのアクセントをつけている。 ...
  • 公園のベッ甲屋の大親分を殺した中村直考といふのが三月九・十日観音へ出て呉れと言って来た。 ...
  • ケースのなかにあるのはべっ甲ぶちの眼鏡である。 ...
  • 社団法人日本べっ甲協会から寄贈されたべっ甲工芸品と税関資料を展示公開する。
  • 縁は鉄でなくてべっ甲ヽヽヽ、玉も水晶でなく、ギヤマンらしゅうござりますな。
  • おかしかったのは緊張したので、宝石店の出口に下っていたベッ甲の大亀におでこを打つけたことである。 ...
  • べっ甲縁の眼鏡と今どき珍しい棒タイを除けば、文化的な事業に携わっている人間の雰囲気はない。 ...
  • 細長い顔だちにべっ甲の眼鏡フレームがとても似合っていた。 ...
  • 全身を木の葉のようにそよがせて、べっ甲ぶちの眼鏡のおくで、その眼は血走っているようにみえた。 ...
  • なんでも、娘が湯をもらいにいった呉服屋で、湯殿におき忘れたべっ甲のくしがなくなった犯人としての嫌疑をかけられ、人前で帯を解かされたのだとか。 ...
  • 痩せてたかのような顔をした老兵と、黒く細い髪にべっ甲縁の眼鏡、親切そうな顔をした身なりのよい若い医師。 ...
  • ふつうの老眼鏡ろうがんきようらしいのと、べっこうぶちの大きな黒めがねである。 ...
  • 彼は23歳で救済事業に取り組んだが、それ以前は「べっ甲亀」の名を持つ侠客だった。 ...
  • 鉄に乏しい褐色のものはべっ甲のような見た目になるため「べっ甲亜鉛」と呼ばれることもある。 ...