プロ囲碁

17 の用例 (0.00 秒)
  • 応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦などの棋戦での審判役も務めている。
  • プロ女流国手戦優勝、大理旅遊杯世界女子プロ囲碁選手権戦準優勝など。
  • 国内タイトル多数の他、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦優勝など。
  • 本棋戦優勝者は、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦の出場権を得た。
  • アメリカプロ囲碁協会では初代会長も務めた。
  • 全国囲棋個人戦準優勝2回、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦ベスト4など。
  • 豪爵杯世界女子プロ囲碁選手権戦優勝、プロ女流国手戦3連覇4期など。
  • その国際戦を曺薫鉉・李昌鎬らの韓国棋士が勝利するようになると人気が爆発し、韓国内のそこここで囲碁教室が開かれるようになり、頭の良い子供たちは収入の良いプロ囲碁棋士になれと親から言われるようになった。
  • 新人王戦で最年少優勝および3連覇、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦優勝など。
  • 応自身や応昌期囲棋教育基金はこのルールの普及に努め、基金や台湾棋院で行われる棋戦で採用され、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦などもこのルールで行われる。
  • なお、降段制度がないため、高齢の棋士が高段となる傾向が強く、プロ囲碁界では段位が正確には棋力を反映しない傾向が強まりつつある。
  • また囲碁の普及のために応昌期囲棋教育基金会を設立し、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦などの棋戦の主催、台湾や中国で囲碁学校設立や棋戦の後援など、囲碁普及に大きく貢献した。
  • 名人戦優勝、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦ベスト8など。
  • 世界棋戦では、1998年に世界囲碁選手権富士通杯に準優勝したのを始め準優勝6回を続けていたが、終盤のヨセで負けることが多いため依田紀基のアドバイスで安井知得仙知の碁を研究し、2005年に応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦で世界戦初優勝に結びつけた。
  • 建橋杯女子囲棋公開戦2連覇、女子国手戦優勝、 大理旅遊杯世界女子プロ囲碁選手権戦ベスト8など。
  • プロ囲碁界では、地震発生当日に日本棋院会館で、謝依旻の女流タイトル通算11期の新記録がかかるシリーズの第2局が行われていたが、屋外に避難後、打ちかけとして3月15日に対局再開することが決まり、1日制の対局では異例の封じ手が行われた。
  • 棋戦優勝多数、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦優勝など国際棋戦でも活躍のめざましい、中国を代表する棋士であり、聶衛平「大龍」、馬暁春「中龍」に次ぐ、「七小龍」の一人とされる。