プロフェッサーx

115 の例文 (0.01 秒)
  • 彼女の被害者の中には後に師となるプロフェッサーXもいた。 ...
  • そこはリンボとつながっていてプロフェッサーXが待っていた。 ...
  • サイクロプスたちが見守る中プロフェッサーXの遺体が消えてしまう。 ...
  • それはプロフェッサーXの夢の結実だと信じていた。 ...
  • アコライツのメンバーとマグニートーはプロフェッサーXを蘇生させる。 ...
  • それを見て時代の変化を悟ったプロフェッサーXからは、指導者として一線を退く事を告げられるのだった。 ...
  • その後すぐ、プロフェッサーXの頼みで初めて彼はX-メンの一員となった。 ...
  • 彼はしばらくX-コーポレーションにいて驚くべきことに生きていたプロフェッサーXの命を救うのを助けた。 ...
  • 現在は、プロフェッサーXに焦点を合わせ、彼の近い死の後に心の断片を見つけようとしている。 ...
  • 彼は自らが暴動を終わらせ、そしてプロフェッサーXを協力者として迎えていることを発表する。 ...
  • プロフェッサーXはボビーはX-メンのなかでは3本の指に入るほど強力であると述べている。 ...
  • 彼の遺伝子学における知能と専門技術はプロフェッサーXに匹敵する。 ...
  • トラスク博士がミュータントの存在を公にしプロフェッサーXとTVで討論。 ...
  • プロフェッサーXはX-MENの記憶を改竄したことを悔い一人贖罪の旅に出る。 ...
  • そうするうちにプロフェッサーXを救おうとしたリアンドラは、チームの半分を取り残したまま地球へ船を送り出してしまった。 ...
  • 第42号ではプロフェッサーXの死を描いてコミックは劇的な一歩を踏み出したが、この時点では永久的に死なせることが意図されていた。 ...
  • シリーズではプロフェッサーXによって指導された若いのスーパーヒーローたちにより構成されるグループの冒険が描かれる。 ...
  • 同じインタビューで、リーはもともとマグニートーをプロフェッサーXの兄弟にするつもりだったとも明かしている。 ...
  • プロフェッサーXの旅とローグの物語はX-メン: レガシーで描かれる。 ...
  • しかし、いざその機会が訪れた時、ジェームズは冷血にプロフェッサーXを殺害することができなかった。 ...
  • 彼は2人のミュータントの少女を解放し、彼女らはそれがプロフェッサーXの脳を手に入れたレッドスカルの仕業であることを伝える。 ...
  • 共に旅しプロフェッサーXを恨むデンジャーに襲われるが和解。 ...
  • その後ミスティークはチャールズ・エグゼビアがノーマン・オズボーンを支持しているとメディアに報じさせるためにプロフェッサーXに化けていたことが判明した。 ...
  • プロフェッサーXとマグニートーはウルヴァリンに当時の自分たちへ協力を求めるよう助言する。 ...
  • 物語はマンションの爆発から始まり、明らかにテレパスであるプロフェッサーXとジーン・グレイを標的にした攻撃により二人は行方不明になる。 ...
  • だが、プロフェッサーXは、何の代価も犠牲も払っていない安易な実現は虚構にすぎないと警告する。 ...
  • 彼女の最も特筆すべき被害者こそがチャールズ・フランシス・エグゼビア、後にプロフェッサーXを名乗る男であった。 ...
  • 頭文字を取ってプロフェッサーXと呼ばれる。 ...
  • 次のページ