プロフェッサーg

7 の例文 (0.01 秒)
  • 同じくプロフェッサーGが開発したガンダムデスサイズヘルと同様の光学的迷彩機能も持つため、捕捉時は突如闇の中から巨艦が出現するような印象を受ける。 ...
  • プロフェッサーGの得意分野であるステルス技術を活用し、敵に近接攻撃を仕掛けるという思想のもとに設計された。 ...
  • また、艦体にはプロフェッサーGが開発した強力な光学ステルス機能を備え、展開中はガンダムですらこの巨体を至近距離まで捕捉できなくなる。 ...
  • 自ら「死神」と名乗るのは、地球圏統一連合の反体制派掃討作戦に巻き込まれて自分が育った教会が焼き討ちにあった時や、その後プロフェッサーGと出会い、ガンダムのパイロットになるまでに、夥しい数の屍を見てきたという経験、そして「奇跡というものは見たことが無い」ためである。 ...
  • ハワードとプロフェッサーGにより開発された巨大戦艦。 ...
  • 「バトルゴルファー」として肉体を改造された唯は、ダークハザードの総統・プロフェッサーGの手先になりかけるが、危ういところを謎の科学者に救出され、事なきを得る。 ...