ブロードバンド回線

45 の用例 (0.00 秒)
  • これら手頃な価格で導入できるようになった大容量回線を、それぞれの通信事業者などがブロードバンド回線と呼んで一般消費者・小規模事業所向けに激しく売り込んだのが、ブロードバンドという用語が広まった所以である。
  • NHK、 は、2005年度中に放送衛星を使うサーバ型放送を開始する予定であったが、周波数の割り当てが受けられる見込みが低くなったため両社ともにブロードバンド回線を利用したビデオ・オン・デマンドサービスに転換することとなった。
  • 比較的安価に利用できるブロードバンド回線として普及しているADSLは通信速度が非対称であるため、端末からネットワーク方向への通信速度が遅くなるが、FWAは双方向とも同等の通信速度が確保できる。
  • ただし都市部などでは以前より普及しているCATVのインターネットサービスや2004~2005年辺りからの光ファイバー回線の本格的展開普及により、ブロードバンド回線が引けない問題はおおむね解消されつつある。
  • また、通信パケット量が多くまたは通信時間が長くなるほど、課金が上昇する従量制であったり、PHSの定額制・準定額制においても、高速な通信になるほどまたは通信時間が長くなるほど、基本料金が高額であったりと、固定通信系ブロードバンド回線に比較してスループット対コストのパフォーマンスが低い問題もある。
  • ブロードバンド回線の普及以降、ユーザへのISPサービス普及率の大幅な増加、それによる新規加入者数増の鈍化などが表面化し、サービスの差別化のほかにユーザを他のISPから乗り換えさせる方針に重点が置かれている。
  • これは、当時のインターネット回線は主要都市以外ブロードバンド回線の整備が追いついておらず、ナローバンドでしか接続できない地域も多く、ナローバンド接続ではフラッシュや画像などがふんだんに使われたインパク関連サイトを「楽しむ」には能力不足であったためである。
  • 接続可能なブロードバンド回線はフレッツに限定されたため、他社ブロードバンド回線のユーザーはフレッツへ乗り換えをしなければ利用できない。
  • やがて1990年代後半からのブロードバンド回線の普及にともない、ブロードバンドルーターが広まることになった。
  • ADSLやCATV、FTTHなどのブロードバンド回線サービスのほか、無線アクセスなどの無線ネットワークサービスにおいても見られる。
  • しかし、いわゆるブロードバンド回線が普及した2002年頃から、前述の組織内LANで用いられるダイナミックDNSの発想を受けて、ダイナミックDNSサービスを提供するプロバイダが登場し始めた。
  • 当初はアナログモデムを使用した電話回線によるネットワークであったが、2003年9月よりインターネットのブロードバンド回線に対応した「マルチマッチングBB」が開始された。
  • 近年においては、稚内市街地への ADSL や B フレッツなど、定額ブロードバンド回線の普及もあって、市街地区の参加各校においては、生徒たちのインターネットを利用した学習という面では、このネットワークに依存する割合は以前よりも小さくなりつつある。
  • ISPとADSL回線料金の合計が月額3000円台前後へと低価格化が進み、ゼロ年代のブロードバンド回線の主流となった。
  • なお、Web Distributorは自宅のブロードバンド回線に接続し、自宅・外出先ともにワイヤレス環境を整えるための製品で、実態は一般的な無線LAN機能付きブロードバンドルータである。
  • PLCを利用したブロードバンド回線であるBPLは、電磁環境に及ぼす悪影響への懸念に対する配慮から、小規模な試験サービスや地域限定での商用サービスにとどまっている。
  • また、ADSL等のブロードバンド回線が一般家庭に普及した頃から、簡易な回線スループット測定サービスとして、インターネット上の特定サーバから自分の端末までのTCP/IPスループットを簡単に測定することができるウェブサイトが現れている。
  • ブロードバンド回線に接続するIP電話機の形態を取るものが多く、1秒間に15 - 30フレーム程度を送受信できることが多い。
  • ブロードバンド回線が規格上は超高速域へ帯域向上するのに対して、アクセス回線の幹線網、バックボーンの回線容量やインターネットエクスチェンジの交換能力、プロバイダーのサーバの処理能力や回線容量が追いつかない現象が、普及当初から現在までしばしば見られており、今後も続く見込みである。
  • また、ISPが回線事業者からの接続回線の卸提供を受けて、ISPサービスと接続回線サービスを一体化して提供する形態もあり、CATV、FTTH、ADSLなどブロードバンド回線に多く見られる。
  • 次へ »