ブロードバンド回線

45 の用例 (0.00 秒)
  • また、インターネットには、ブロードバンド回線で接続する必要がある。
  • ブロードバンド回線に接続されたホームゲートウェイ等を親機とする。
  • 無線によるブロードバンド回線も研究・開発され、一部はサービス開始されている。
  • 現在は配信サービスが終了しているため、電話・ブロードバンド回線に接続しても利用出来ない。
  • 高いブロードバンド回線普及率を背景に、インターネットが有力な選挙運動ツールとして用いられている。
  • この場合も、各テレビサービス指定のインターネット・ブロードバンド回線およびISPへの接続が条件となる。
  • 近年はIP電話やVODなどのブロードバンド回線を活用した付加サービスも一般化している。
  • この頃はまだGoogleがなく、常時接続のブロードバンド回線も普及していなかった。
  • 主にブロードバンド回線を利用し、専用のIP網により映像や音声を視聴・聴取するものである。
  • 通信環境としてはブロードバンド回線とワイヤレスインターネット接続が利用可能であり、大手通信会社によるサービスが提供されている。
  • 他のブロードバンド回線を使用している場合はホームUと同様に、フレッツ光へ切替なければ利用できない。
  • ただし、これらのようなブロードバンド回線が都市部を中心に普及する一方で、地方部では過疎地などで展開の遅れが目立ち、情報格差と言う新たな問題も発生している。
  • フェムトセルの基地局は一般的には住宅や中小企業の環境で使うために設計されており、フェムトセルはブロードバンド回線を通してサービス・プロバイダのネットワークへ接続し、住宅向きの設定では通常2台から5台の携帯電話に対応する。
  • ただし、ブロードバンド回線の普及やCDNサービスの充実もあり、現在は一部の公営競技中継に使われている程度という。
  • 都市部では、ブロードバンド回線事業者によるサービス展開競争が進み、ADSL・CATV・FTTHの複数サービス・複数事業者をユーザが選択できるようになっている。
  • パソコン版の取引画面はFlashを使用しているため、パソコンに要求される性能が比較的高いが、近年のパソコンの高性能化に伴い、ブロードバンド回線であれば特に問題になることはない。
  • かつて、ダイヤルアップ接続が主流でブロードバンド回線がなかった時代、専用線接続でインターネットに接続していた個人ユーザーも一部でいた。
  • ブロードバンド回線の普及に伴い急増しているコンピュータウイルスやスパムへのセキュリティ対策も、ユーザへのサービス提供も含めて重要となっている。
  • 日本放送協会・WOWOWは、2005年度中に放送衛星を使ったサーバ型放送サービスを開始する予定であったが、周波数の割り当てを受けられる可能性が低くなったため、両社ともにブロードバンド回線を利用したビデオ・オン・デマンドサービスに転換した。
  • 崩壊論は数年おきに浮上しており、その原因として過去、インターネットの商用化開始、ネット上のコンテンツの肥大化、ブロードバンド回線の普及などがあげられた。
  • 次へ »