ブレーキが掛かる

20 の用例 (0.00 秒)
  • さらに一歩、二歩進み、三歩目でキキッと急ブレーキが掛かった。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • このパターンに抵触すると、非常ブレーキが掛かり停車するまで緩解しない。
  • この初期の空気ブレーキの問題点の1つとして、列車の先頭に近い車両が後ろの車両に比べて早くブレーキが掛かり、衝撃をもたらして後ろの車両が前の車両にぶつかる時に破損するということであった。
  • 何か心理的なブレーキが掛かったらしい。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • これは、空気管のどこかが外れたり破裂したりすると列車全体にブレーキが掛かるという点で、フェイルセーフ機能を備えたシステムでもあった。
  • ブレーキが掛かっていない時は空気圧が常時補助空気だめとブレーキ管に込められている。
  • このスライディングをするタイミングが早すぎるとベースに到達する前に無駄なブレーキが掛かってしまい、遅すぎるとベースで止まりきれずにオーバーランをする恐れがある。
  • 車両が使われていない状態で、ブレーキが掛かっていない時には、ピストンの両側での圧力差が無いのでブレーキピストンは下部に落ち込んでいる。
  • こちらはブレーキ管が破損すると自動的にブレーキが掛かるフェイルセーフな機構となっている。
  • 鉄道の踏面ブレーキにおいては、ブレーキが掛かると車輪の踏面に制輪子が押し当てられる。
  • 最新のシステムでは、前方の進路の開通状況が電気的に車上に伝えられ、運転台のディスプレイに常に表示されて、停止現示を冒進した際には自動的にブレーキが掛かるようになっている。
  • 車内信号は、停止現示の信号機に接近すると自動的にブレーキが掛かるため、安全に対して能動的なシステムである。
  • 自動空気ブレーキは、直通空気ブレーキに比べれば大きな進歩であったが、非常時には相変わらず列車の先頭側の車両が後側の車両より先にブレーキが掛かっていた。
  • これはエアが無い場合、バネでブレーキが掛かった状態になり、通常走行時にはエアを込めて解除するものである。
  • 初期には、走行中にブレーキ管が破損するとブレーキが全く効かなくなってしまうという致命的な欠点があったが、常時ブレーキ管を真空にしておき、ブレーキ管に空気が入ってきた時にブレーキが掛かるようにする改良が行われて解決された。
  • これはまだ初期の真空ブレーキと同じく、ブレーキ管が外れると全くブレーキが効かなくなる方式のものであったが、1872年にブレーキ管から空気が抜けた時にブレーキが掛かるようにした自動空気ブレーキの特許を取得してこの問題を解決した。
  • これにより、何らかの理由でブレーキ管が外れたり破損したりすると自動的に列車全体にブレーキが掛かるようになっており、フェイルセーフな構成となった。
  • また、スライディングそのものが下手だとタイミングに関係なく無駄なブレーキが掛かってしまう。
  • 列車が速度を出しすぎたり停止位置に近づきすぎたりしてこの速度照査パターンに抵触すると、自動的にブレーキが掛かる仕組みとなっている。
  • ブレーキを掛けるためには、ブレーキ管から空気が抜かれ、各車両の三動弁が動いてブレーキが掛かる。

ブレーキが掛かる の使われ方