ブジル

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ブジルには四人の子供がおり、それぞれ大元ウルスに仕えて活躍した。 ...
  • 中央アジア侵攻における戦いでは、ブジルは力戦奮闘したためいくつもの矢を受けてしまった。 ...
  • これを見たチンギス・カンはすぐに矢を抜かせたが、出血がひどくなりブジルは悶絶してしまった。 ...
  • この時ブジルはイェケ・ジャルグチの地位につけられ、また蔚州・定安を食邑として与えられたという。 ...
  • 更にその後、モンケ・カーンが第4代皇帝となると、新たにブジルが同じ役職に任命されるようになったため、また新たな虎符を与えられた。 ...
  • また、この頃の河北では「軍籍」とされた者が賦役を嫌って代理の者を募集することや、軍から逃亡する者が多く見られることが問題視されており、ブルト・カヤはモンゴル人のブジルとともに順天路などで軍籍の調査を行うことになった。 ...
  • この一件を切っ掛けとして、ネルゲイとブジルの父子はチンギス・カンに仕えるようになった。 ...
  • 帝位継承戦争の勃発以前、ムングスズはモンケによってブジルとともにジャルグチに任ぜられていたが、ブジルは帝位継承戦争の開始後、アリク・ブケ派に与しようとしていた。 ...
  • そこでチンギス・カンは牛の腹を割いてその中にブジルを横たわらせたところ、ブジルは復調し一命をとりとめた。 ...
  • これを察知したムングスズは自らブジルを見張り、遂にアリク・ブケ派に寝返らせなかった。 ...
  • ネルゲイとノヤンはその後ネルゲイの住居に一度戻ったが、そこでノヤンはネルゲイの息子ブジルを気に入り、自らの娘を与えた。 ...
  • 例えば、『集史』はウルウト部の千人隊長について「4千人を率いる」ケフテイのみを挙げているが、『モンゴル秘史』ではケフテイの父ジュルチェデイと弟ブジルも千人隊長の一人として記されている。 ...
  • このブジルを『モンゴル秘史』功臣表の「不只児」に比定する説もあるが、村上正二はチンギス・カンの治世には未だネルゲイが現役であって、その息子ブジルが千人隊長として記される妥当性は低いと指摘している。 ...
  • 本来はジュルチェデイ、ケフテイ、ブジル全員がウルウト部の千人隊長であったが、『集史』では1227年時点で上級千人隊長であったケフテイのみをウルウト部の千人隊長として記したのであろう。 ...
  • ネルゲイ、ブジル父子はチンギス・カンの征服戦争に従事して戦功を挙げ、やがてネルゲイは「バートル」の称号を与えられるに至った。 ...