フリギドゥスの戦い

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 特にフリギドゥスの戦いは西ローマ帝国の軍団を崩壊させ、軍団は短期間での大規模な再編成による質の低下を余儀なくされた。 ...
  • これに対してテオドシウスは息子ホノリウスに西の皇帝を名乗らせると394年に西ローマ帝国に軍を進め、同年9月フリギドゥスの戦いでエウゲニウスらを破って帝国最後の統一を果たした。 ...
  • またフリギドゥスの戦いは、ローマ軍における外人部隊の増加傾向の現われである。 ...
  • だが、テオドシウスはフリギドゥスの戦いから4か月後の395年1月17日にメディオラヌムで急死し、あとには東の皇帝とされていたアルカディウスと西の皇帝とされていたホノリウスの幼い二人の皇帝が残された。 ...
  • そこでテオドシウスは息子ホノリウスに西の皇帝を名乗らせると394年にイタリアに軍を進め、フリギドゥスの戦いでエウゲニウスらを破って西ローマ帝国の首都ミラノを占領し、ホノリウスを西の宮廷へ住まわせた。 ...
  • そして392年、ウァレンティニアヌス2世が暗殺されるとテオドシウス1世の元で軍の一翼を指揮、ローマとの同盟を結んだ西ゴート族の族長アラリックとともにフリギドゥスの戦いで勝利を収める。 ...
  • これに対してテオドシウスは393年に9歳の息子ホノリウスを「アウグストゥス」であると宣言して西ローマ帝国へ侵攻、394年にフリギドゥスの戦いでエウゲニウスらを破って西ローマ帝国の首都メディオラヌムを占領した。 ...
  • フリギドゥスの戦いとして伝わる決戦では、ジュリア・アルプス山脈の通過点にあるウィッパコ川の畔で戦端が開かれ、おそらくアラリックはこの戦役でアドリア海の最奥部に位置する北方辺境部にある、イタリア半島を守るこの自然の要塞の弱さを学習したのであろう。
  • テオドシウス1世はフリギドゥスの戦いに勝利した4ヶ月後の395年1月に遠征先のイタリアで没し、ヴァンダル族の将軍スティリコに後事を託した。 ...
  • アルボガストとエウゲニウスは異教の復活を企てたが、しかしエウゲニウスを認めないテオドシウス1世に北イタリアのフリギドゥスの戦いで敗れ、アルボガストは自殺した。 ...
  • ゴート族はフリギドゥスの戦いで大損害を被った。 ...
  • この頃、東西ローマ帝国は激しく敵対しており、西ゴートのアラリックは西ローマの帝位簒奪者エウゲニウスと東皇帝テオドシウスとのフリギドゥスの戦いでテオドシウスを支援した。 ...
  • アルボガストはエウゲニウスや元老院議員らとともにテオドシウスを迎え撃ったが、フリギドゥスの戦いで敗れ、まもなく自刃した。 ...
  • 小ニコマクス・フラウィアヌスとその父ウィリウス・ニコマクス・フラウィアヌスはテオドシウス朝の初代皇帝テオドシウス1世と対立したエウゲニウスに仕え、394年9月5日から6日のフリギドゥスの戦いで大ニコマクスは敗れ自殺、小ニコマクス・フラウィアヌスは生き残った。 ...
  • その後テオドシウスはコンスタンティノープルから軍隊を率い、フリギドゥス河畔でエウゲニウス・アルボガステスらの率いる西ローマ帝国軍と対峙し、394年9月5日に「フリギドゥスの戦い」として知られる会戦がはじまった。 ...