フランスss突撃大隊第

17 の例文 (0.00 秒)
  • ベルリン市街戦におけるフランスSS突撃大隊第1中隊の編成は次の通り。 ...
  • しかし、ピュエクロンが大隊本部から戻ってくるまでにフランスSS突撃大隊第1中隊の状況は悪化した。 ...
  • ベルリン市街戦のノイケルンの戦いにおけるフランスSS突撃大隊第4中隊の編成は次の通り。 ...
  • ベルリン市街戦・ノイケルンの戦いにおけるフランスSS突撃大隊第2中隊の編成は次の通り。
  • ベルリン市内に多数設置されている救護所の1つへ搬送されたフランスSS突撃大隊第4中隊長ジャン・オリヴィエは、一刻も早く自分の中隊へ戻ることを望んでいた。 ...
  • しかし、重傷を負ったオリヴィエが再び中隊長としてフランスSS突撃大隊第4中隊に復帰することは無く、オリヴィエにとっての戦争は終わった。 ...
  • 赤軍兵はフランスSS突撃大隊第1中隊の陣地の北東部の家々に進出し、戦術的優位を確保した。 ...
  • この時、ピエール・ロスタン武装上級曹長のフランスSS突撃大隊第3中隊は順調に行軍していたが、ある地点において、隊列の最後尾を進んでいたラウル・ジノー武装連隊付上級士官候補生の第1小隊を輸送していたトラックが故障してしまった。 ...
  • ハーゼンハイデ公園北側に到着して以来、ジャン=クレマン・ラブルデットSS義勇少尉のフランスSS突撃大隊第1中隊はテンペルホーフ区防衛司令官の指揮下に入っていた。 ...
  • この斥候班に志願したフランス人義勇兵の中には、かつて名誉中隊の一員であったが今はフランスSS突撃大隊第1中隊に所属しているジャン=ルイ・ピュエクロンSS義勇伍長も含まれていた。 ...
  • 独ソ戦の最終局面である1945年4月末、「シャルルマーニュ」師団の生存者の中で戦闘継続を希望した約300名の将兵の1人となり、フランスSS突撃大隊第4中隊長としてベルリン市街戦に参加。 ...
  • しかし、彼らフランスSS突撃大隊第2中隊はソビエト赤軍の猛烈な弾幕射撃に直面した。 ...
  • 独ソ戦の最終局面である1945年4月末、「シャルルマーニュ」師団の生存者の中で戦闘継続を希望した約300名の将兵の1人となり、フランスSS突撃大隊第3中隊長としてベルリン市街戦で奮戦し、4月29日付で一級鉄十字章を受章。 ...
  • しかし、1945年4月26日から27日にかけての深夜、フランスSS突撃大隊第1中隊長ジャン・クレマン=ラブルデットSS義勇少尉は、自分は戦線の新たな綻びを繕うよう地区防衛司令官から命じられたと大隊長アンリ・フネSS義勇大尉に伝えた。 ...
  • そして、一瞬の躊躇も無く第58SS大隊第6中隊の将兵125名全員が1歩前へ進み、ロスタンの第58SS大隊第6中隊はフランスSS突撃大隊第3中隊と化した。 ...
  • しかし、ロスタンはドイツ陸軍反共フランス義勇軍団以来の親友で、今はフランスSS突撃大隊第4中隊長代行のセルジュ・プロトポポフ武装連隊付士官候補生と合流することができ、大隊長アンリ・フネSS義勇大尉のもとへ生還した。 ...