フランス外務省

21 の用例 (0.00 秒)
  • フランスでは次官の称号を有するのはフランス外務省の次官しかいない。
  • これ以降、館と谷はフランス外務省の管理下にあり、島にフランス政府の職員が一人住んでそれぞれの敷地の管理を行なってきている。
  • 駅の東にはフランス外務省の本庁舎があり、さらにその東はブルボン宮殿である。
  • なお、フランス文化協会はフランス外務省の管轄である。
  • こうした提案の根拠の一部は、1946年にフランス外務省当局者から米国に対し、次のように説明された。
  • ロバンによってフランス外務省で合意資料が発見されたにも拘わらず、合意は結ばれなかったと指摘された。
  • RFIはフランス外務省の予算で運営されている。
  • 安南は当初、フランス外務省の管轄下に置かれていたが、1887年の政令によって海軍植民地省の管轄下に入り、同時に新設されたインドシナ総督によって統括されることになる。
  • 政治学院の中でも最も長い歴史を持つパリ政治学院から始まり、フランス国立行政学院と国立司法学院、及びフランス外務省へと入省する学生の数は比較的に高い。
  • 当時フランス外務省では、年に数名の留学生を2年間フランスに招き入れる制度があったため、湯浅はこれに応募した。
  • オリジナルは1912年に外交のため派遣された領事派遣団のシンボルとして、フランス外務省が彫刻家ジュール・クレモン・シャプランのデザインを採用したものである。
  • また70年代初め以降、ランビュールは、ボンでフランスの文化担当官を務め、1975年にはフランス外務省文化課に勤務した。
  • その後、第一次世界大戦直前にベイルートの領事となるが、大戦勃発によりカイロを経てフランス外務省へ召還される。
  • 日仏会館としての建物は、財団法人日仏会館とフランス外務省所管在外研究所が共同で所有してきた。
  • これら14か国に発起人の英仏両国を加えた16か国の参加の下、7月12日に第1回欧州復興会議がフランス外務省庁舎内の大会議場で開催された。
  • ロッシュの幕府への極度の肩入れは、フランス本国の意向を無視したものとなり、最後は「個人外交」の様相を呈してきたため、フランス外務省はロッシュに帰国命令を出した。
  • フランス人ジャーナリストマリー=モニク・ロバンはフランス外務省のアーカイヴで、アルジェリア戦争を戦った兵士達によって構成される「恒久的なフランスの軍事的任務」が設置されるという1959年のパリとブエノスアイレスとの合意が、アルゼンチン陸軍に陸軍参謀総長の事務所を開設したという原本資料を発見した。
  • フランス外務省は、アルジェリアがフランス軍機の領空通過を認めたと述べるが、「ジュウヌ・アフリーク」によれば実際には作戦参加機はモロッコ領空を飛行しており、当初はアルジェリア領空を通過しており謝辞を述べていたが、モロッコは西経路を勧めフランス軍機はこちらで作戦している。
  • マーシャルは当時憲法作成の調査のために滞欧中であった伊藤博文や、英国公使森有礼、駐仏公使蜂須賀茂韶らと連携しつつ、フランス外務省政務局長・商務局長に英国の方針に反対するよう働きかけた。
  • 第二次世界大戦後、フランス外務省に勤務し、ブルガリア、スイス、アメリカ各国の大使館参事官や、ロサンゼルス駐在領事を務めた。