フランス原産

38 の用例 (0.00 秒)
  • バセットハウンドは16世紀に初めて発見されたフランス原産の中型犬である。
  • 非常に古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地を特定することは困難であるが、フランスで人気を博したことから、フランス原産とするのが一般的である。
  • フランス原産のウォーター・ドッグの中では最も古い犬種で、それらの他 日本で非常に人気の高いプードルの先祖にもなっている。
  • ラブリー()とは、フランス原産の作業用の二重純血犬種である。
  • ドギュイン・マスティフは、フランス原産のマスティフ犬種のひとつである。
  • 原産地は時折論争の的となるが、現在はフランス原産ということで落ち着いている。
  • シャルルX・ポインターとは、フランス原産のポインター犬種である。
  • 公認されているフランス原産のフォックスハウンド犬種はフレンチ・トリコロール・ハウンドなどが知られている。
  • カナダ原産説の理由は作出が全てカナダで行われたためで、イギリス原産説の理由は子孫であるラブラドールがイギリスで作られた犬種であるため、先祖もイギリス原産とするべきであるという要望があったためで、フランス原産説の理由は原産地がかつてフランス領であったためであるとそれぞれ主張されていた。
  • 原産地はフランス・ノルマンディーで、成立は8世紀に遡りフランス原産の重種にアラブ種などの血が入っているとされる。
  • ビーグル・ハーリアとは、フランス原産の二重純血犬種のセントハウンドである。
  • フランセ・トリコロールは、フランス原産のセントハウンド犬種のひとつである。
  • フランス原産のセントハウンド犬種のあるグループには、分類に際して多大な混乱を引き起こしているものがある。
  • セント・ルイス・グレイ・ドッグは、フランス原産のセントハウンド犬種のひとつである。
  • プティ・ガスコン・サントンジョワは、フランス原産のセントハウンド犬種のひとつである。
  • フランス原産のセントハウンドの中では最も古くから存在するもののひとつで、グラン・シャン・クーランという古代犬種とスペインの古代セントハウンド犬種であるガリア・ハウンド、及びフェニキア人がもたらしたセントハウンドの交配によって誕生したといわれている。
  • グラン・グリフォン・バンデーンとは、フランス原産のセントハウンド犬種である。
  • ビリーとは、フランス原産のセントハウンド犬種である。
  • キングス・ホワイト・ハウンドは、フランス原産のセントハウンドである。
  • バルビーとは、フランス原産のウォータードッグ犬種である。
  • 次へ »

フランス原産 の使われ方