フュースリー

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 結婚の2年後、フュースリーはアカデミーの準会員から会員に昇進した。 ...
  • そしてこの人物像は、フュースリーが描いたウゴリーノの絵からとったものにも見える。 ...
  • 終生健康を害したことのないフュースリーだったが、プトニー・ヒルで死去。
  • フュースリーはボイデルのために多くの絵を描いた。 ...
  • フュースリーはスイスのチューリッヒに、18人の子供の第2子として生まれた。 ...
  • その他フュースリー、ウィリアム・ブレイクなど北方の画家たちとも多くの主題を共有する。 ...
  • さらに、フュースリーはユーモアの感覚も持っていた。 ...
  • しかしフュースリーが最初に訪問した時には、彼の年老いた風貌の中に、それまでの苦節を見てとり、歓迎した。 ...
  • フュースリーは1788年から「分析的書評」という雑誌にエッセイと批評を書き始めた。 ...
  • 父親のヨハン・カスパー・フュースリーは肖像画や風景画を描いていた画家で、『ヘルヴェティアの画家の生涯』という本の著者でもあった。 ...
  • 息子を聖職者にしたかった父親の意向で、フュースリーはチューリッヒのカロリン・カレッジに入学、最高水準の教育を受けた。 ...
  • フュースリーには面白い逸話が多い。 ...
  • ある時、以前肖像画を描いたことのあったフェミニズムの先駆者メアリ・ウルストンクラフトが、フュースリーをパリ旅行に誘ったが、ソフィアが猛反対し、それ以後フューズリー家はウルトスンクラフトに門を閉ざしたという。 ...
  • thumb|ヨハン・ハインリヒ・フュースリー|フュースリー『Nachtmahr』 アルプは、ドイツに伝わる夢魔の一種。 ...
  • それは、ドレ、ゴヤ、ジョン・ヘンリー・フュースリー、シドニー・ハーバート・サイム、アンソニー・アンガローラ、クラーク・アシュトン・スミスである。 ...