フメ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 田中が故郷を離れて上京するとき、母親のフメは三つのことを注意した。 ...
  • 父親・角次三十三歳、母親・フメ二十八歳のときの子で姉二人に妹二人。 ...
  • この言葉の中にフメの夫に対する苦々しい思いがはっきりと表れている。 ...
  • 息子が権力の頂点に立ったときの母親フメの反応が面白い。 ...
  • 父の角次や田中のことを批判する向きは数多いが、フメの悪口を言う人は少ない。 ...
  • フメは息子が死んだとすっかり観念したほどだったが、般若心経を唱えながら鍬をふるっていた祖母が大声を上げた。 ...
  • フメは父親のようにはなるなと言外に忠告した。 ...
  • 額から汗を盛んに流す息子の顔がテレビに映ると、フメはハンカチを取り出し画面に近寄って息子の汗を拭いた。 ...
  • 母のフメは息子が国鉄柏崎駅の駅員にでもなってくれたらと思っていたが、この青年はおそろしく自己評価が高い。 ...
  • 田中が生まれたとき角次は角太郎と名付けようとしたが、フメは生家の隣に同じ名前の犬がいたという理由で頑として聞き入れず、角栄に決めさせている。 ...
  • フメは農家の嫁の模範ともいうべき女性で、風来坊の夫をよそに田畑を守って辛抱強く働いた。 ...
  • 新潟県刈羽郡二田村大字坂田に父・田中角次、母・フメの二男として生まれる。 ...
  • フメは辛抱強くはあったが、ただひたすら忍耐ひとすじの暗くじめついた女性ではなく、鼻っ柱も強くて面倒見もいい、明朗闊達な性格の持ち主だった。 ...
  • 田中を可愛がった祖母のコメは仏間にこもって「この子だけはどうしても助けてくんなせ」と祈り、母のフメは近くにある諏訪神社に裸足で祈祷に通う、いわゆる「はだし参り」をして回復を祈った。 ...
  • ニーシャープールブハラバルフメルブクスコラホールリヴィウイスタンブールイズミルケルアンホジェンドサマルカンドには日本語を学習する学生も多く、特にサマルカンド外国語大学に学習者が多い。 ...
    アマゾンで検索:フメ