フサイン朝

11 の例文 (0.02 秒)
  • フサイン朝はフランス支配を挟んで252年間にわたり統治を行った。
  • フサイン朝は、1705年にが滅亡した後に成立したチュニジアの王朝。 ...
  • フサイン朝は、1705年にムラード朝が滅亡した後に成立したチュニジアの王朝。 ...
  • 特に1860年代初頭に領事を務めた治下のフサイン朝では、により進められていた、イスラーム世界及びアフリカ世界初となる憲法制定運動などの近代化改革の助言者となった。 ...
  • これに応じたノイホフは、チュニジアのフサイン朝のベイの助力を得て、1736年3月に軍勢を連れてコルシカ島に上陸した。 ...
  • オスマン帝国時代の初期には「パシャ」と呼ばれる軍司令官が派遣されてきたが、ヨーロッパ列強による侵略でオスマン帝国の弱体化が進むと、チュニスの「ベイ」はイスタンブールのオスマン政府から独立した統治を行うようになり、1705年にはフサイン朝チュニス君侯国がチュニジアに成立した。 ...
  • このような世論に支えられ、フサイン朝のナスール・ベイも1922年春、フランス植民当局に対してチュニジア人の権利伸張を強く要請し、これが受諾されない場合は退位すると脅した。 ...
  • チュニジア侵攻は1881年に第三共和政下のフランスが、フサイン朝チュニス君侯国に侵攻した武力衝突事件。
  • フサイン朝はヨーロッパ諸国に倣った近代化政策を採ったが、近代化政策による歳出の増加により財政破綻を起こした。 ...
  • こうした危機に際しアラウィー朝モロッコのスルターンは、チュニジアのフサイン朝チュニス君侯国と同様に近代化=西欧化改革を進め、財政や軍事、行政の近代化を実施したが、チュニジアと同様に成果は上がらず、対外債務の増大と財政危機を招いた。 ...

フサイン朝で始まる単語