フサイチリシャール

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • また、2006年にもフサイチリシャールが同様のローテーションを取った。
  • また同年に新設された阪神カップをフサイチリシャールで制し、初代王者となった。 ...
  • フサイチリシャールは、日本の元競走馬である。 ...
  • 春の大目標であったNHKマイルカップではフサイチリシャールに次ぐ2番人気に支持されたものの、スタートでの出負けもあって直線失速し10着に敗れた。 ...
  • スプリングステークスの後にフサイチリシャールに騎乗していた福永祐一が「メイショウサムソンが思った以上に強くなっていた」と雑誌のコラムに書いている。 ...
  • 当初は賞金不足のためJRA枠の補欠となり出走が危ぶまれたが、フサイチリシャールとソングオブウインドが回避したため繰り上がりで出走が決まった。 ...
  • しかもこの日は朝日杯フューチュリティステークスで同じく関口が所有するフサイチリシャールが勝利・GI制覇となったため、再度表彰式でファンの歓声を浴びることになった。 ...
  • その後は萩ステークスにも出走するが、2歳王者になるフサイチリシャールの4着に敗れる。 ...
  • さらに東京スポーツ杯2歳ステークスでもフサイチリシャールの2着に敗れる。 ...
  • 次の未勝利戦ではメンバー中最高の上がりタイムを記録したが、後に朝日杯フューチュリティステークスを勝つフサイチリシャールの2着。
  • 続くマイルチャンピオンシップでは6着、年末の第1回の阪神カップではフサイチリシャールの2着となった。 ...
  • ケント・デザーモ騎乗で臨んだ朝日杯フューチュリティステークスは2戦の内容が評価され1番人気に支持されたものの、レースでは先に抜け出したフサイチリシャール、差し脚を伸ばしたスーパーホーネットに後れを取り、またデザーモがレース中に鞭を落とすハプニングもあって3着に終わった。 ...
  • 続く自己条件のくるみ賞では単勝1番人気の支持に応え2勝目を挙げ、朝日杯フューチュリティステークスに出走し、出走馬中最速となる上がり3ハロン34秒0を記録し、勝ったフサイチリシャールとクビ差で2着となった。 ...
  • 同年の皐月賞では、前年のJRA賞最優秀2歳牡馬となった朝日杯フューチュリティステークスの覇者フサイチリシャール、弥生賞馬アドマイヤムーン、セレクトセールで3億3千万円の最高落札価格馬で皐月賞前まで無敗の4連勝を挙げていたフサイチジャンクに注目が集まっていた。 ...
  • 続いて出走した皐月賞トライアルのスプリングステークスでは既に後塵を拝していたフサイチリシャール、ドリームパスポートが1、2番人気に支持され、メイショウサムソンは4番人気にとどまる。 ...
  • 初年度産駒は2005年にデビュー、フサイチリシャールが朝日杯フューチュリティステークスを制し順調なスタートを切る。
  • 日本ではナイスネイチャ、イシノサンデー、フサイチリシャール、ノームコア、フィエールマン、クロノジェネシスが代表馬になる。