フサイチホウオー

全て 名詞
25 の例文 (0.00 秒)
  • すると、これに触発されて1番人気のフサイチホウオーがかかってしまい、前の方へと行ってしまう。 ...
  • アドマイヤオーラは後方を、フサイチホウオーは中団を行っていた。 ...
  • その後、東京優駿ではフサイチホウオーに続く2番人気に推された。 ...
  • 一方、1番人気のフサイチホウオーも、同様に斜行したこともあってか伸び切れずに後続にもかわされて7着と敗れた。 ...
  • 初の重賞参戦となった東京スポーツ杯2歳ステークスでは出遅れや掛かる癖が響き、フサイチホウオーの3着に敗れた。 ...
  • レースはアサクサキングスが先頭のまま進み、直線に入るがヴィクトリーは伸びず、フサイチホウオー、アドマイヤオーラも馬群の外を回ってようやく追い込み態勢にはいるのがやっと。 ...
  • 産駒は2006年にデビューし、なかでもフサイチホウオーは無敗で重賞を3連勝する大活躍を見せた。 ...
  • 続く皐月賞では無敗のフサイチホウオーを押さえて一番人気に支持されたが、レースはフサイチホウオーをアドマイヤオーラがマークする形で2頭が後方に控えるという展開になり、互いに牽制し合っている間にレース途中でハナを奪ったヴィクトリーらに逃げ切られ4着と敗戦した。 ...
  • ゴール直前には人気のフサイチホウオーも一気に襲い掛かり、大接戦となるが、ヴィクトリーに首の上げ下げでハナ差の2着に敗れた。 ...
  • このレースでは無敗で重賞連勝中のフサイチホウオーと、こちらも無敗でディープインパクトの異父弟であるニュービギニングとの激突が注目される中4番人気に推される。 ...
  • そして最後の直線では、互いに牽制し合って仕掛けが遅れたフサイチホウオーやアドマイヤオーラを尻目に、サンツェッペリンとの叩き合いを制し、ゴール直前ようやく追い込んできたフサイチホウオーの追撃も凌いでゴール、皐月賞を勝利した。 ...
  • 続くラジオNIKKEI杯2歳ステークスは1番人気フサイチホウオーの2着に敗れたが、フサイチホウオーと僅差であったことから素質をアピールした。 ...
  • 全兄に東京スポーツ杯2歳ステークスと共同通信杯を連勝し、皐月賞で3着に入ったフサイチホウオー、全妹に秋華賞を勝ったアヴェンチュラがいる。
  • 第4コーナーを回って最後の直線、サンツェッペリンに抜かれたかに見えたヴィクトリーがもう一度差し返す、そしてサンツェッペリンとヴィクトリーにフサイチホウオーが猛然と追い込んで3頭並んでゴール。 ...
  • スタートしてサンツェッペリンがまず先頭に立ち、アドマイヤオーラとフサイチホウオーが1コーナーを14番手前後で回り、ドリームジャーニーがこの両馬を見る位置で、2コーナーでヴィクトリーが先頭に並び、前半の1000メートル通過が59秒4とハイペースになった。 ...
  • JRA賞の最優秀2歳牡馬は朝日杯フューチュリティステークスを制したドリームジャーニーが211票を得て受賞したが、重賞2勝を含む3戦3勝のフサイチホウオーにも有効得票数の4分の1に近い76票が投票された。 ...
  • フサイチホウオー、ヴィクトリーに先着され3着だった。 ...
  • 次へ