フサイチパンドラ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 日本関連では姪のフサイチパンドラが2006年のエリザベス女王杯に優勝した。 ...
  • なおフサイチパンドラは12月22日に左寛跛行の為、出走を取り消した。 ...
  • レースではスタートから押し出されるような形で先頭に立つと、最後の直線では前年優勝のフサイチパンドラや前々年優勝のスイープトウショウを抑え1着となった。 ...
  • レースでは、中団から進み、最後の直線では外から伸びてきたものの、前を行くフサイチパンドラなどを捕らえられず3着に敗れた。 ...
  • 優勝したフサイチパンドラはサンデーサイレンスの産駒としては最終世代であり、この勝利によりサンデーサイレンスは全世代でGI馬を輩出する快挙を達成した。 ...
  • 最終登録時点で、出走可能頭数18頭に対し20頭の登録があったが、10月24日時点で富士ステークスからの連闘で出走を予定していたスウィフトカレント、2006年エリザベス女王杯優勝馬で2007年札幌記念優勝馬フサイチパンドラが回避。 ...
  • 道中は中団外目で先頭から5、6番手を追走し、直線では前を行くアサヒライジングを交わして先頭に立つと、フサイチパンドラの追撃を抑えて1着でゴールした。 ...
  • しかし、最後の直線で内側に斜行、ヤマニンシュクルの走行を妨害したため12着に降着となり、7番人気のフサイチパンドラが繰り上がり優勝した。 ...
  • しかし、このレース後に審議が行われ、カワカミプリンセスが最後の直線でヤマニンシュクルの進路を妨害し、12着に降着となり、フサイチパンドラの繰り上がり優勝が決まった。 ...
  • 残りの出走枠について、収得賞金上位5頭のフサイチパンドラ、マツリダゴッホ、シルクネクサス、アドマイヤジュピタ、サンツェッペリンまでが出走可能となっていたが、アドマイヤジュピタが日経新春杯に向かうため、回避を表明し、ハイアーゲームが繰り上がりで出走可能となった。 ...
  • カワカミプリンセスに1位入線 を許したものの同馬は審議の結果進路妨害で12着に降着となり、フサイチパンドラが2着から繰り上がり優勝。 ...
  • その他の路線からは、前走スワンステークス4着で第30回エリザベス女王杯優勝馬スイープトウショウ、本年の札幌記念優勝馬で第136回天皇賞を回避して挑む第31回エリザベス女王杯優勝馬フサイチパンドラ、札幌記念4着のディアチャンスなども出走。 ...
  • 直線はカワカミプリンセスが真ん中から突き抜け、フサイチパンドラに1馬身半振り切って無傷の5連勝を成し遂げた。 ...
  • フサイチパンドラは、日本の競走馬、繁殖牝馬。 ...
  • デアリングハート、ローブデコルテ、フサイチパンドラと続き、直後インコースにスイープトウショウがつける。 ...