フサイチコンコルド

全て 名詞
34 の例文 (0.00 秒)
  • フサイチコンコルドは1996年の日本ダービーにデビューわずか3戦のキャリアで優勝したことで大いに話題を集めた。
  • こうした理念を一度だけ曲げたことがあり、それがフサイチコンコルドで勝った日本ダービーであった。 ...
  • 日本にも持ち込み馬や外国産馬として多数の馬が導入され東京優駿に勝ったフサイチコンコルドを始め5頭がG1馬となった。 ...
  • 次走は東京優駿に出走し、3番人気に支持されるがフサイチコンコルドの6着に敗れた。 ...
  • フサイチコンコルドは体温が安定しない体質であったためデビューが遅れ、勝ち上がった後も日本ダービー前に予定していた前哨戦を熱発で回避。 ...
  • 当日は本馬が1番人気、復帰緒戦で敗れていたフサイチコンコルドが2番人気となった。 ...
  • フサイチコンコルド産駒のうち、数少ない牝馬の活躍馬である。 ...
  • 半兄にフサイチコンコルド、半姉にグレースアドマイヤ、半弟にアンライバルドがいる。 ...
  • 実際、フサイチコンコルドにしても、ノーザンダンサーのインブリードを自身も持っている繁殖牝馬との配合は危険と考えている生産者は多い。 ...
  • 本競走の優勝馬からはスーパークリーク、フサイチコンコルド、キングカメハメハがGI優勝馬となっている。 ...
  • フサイチコンコルドはスタートでわずかに出遅れたものの、7、8番手からダンスインザダークをマークする形で進んだ。 ...
  • 翌1993年に出産した産駒が1996年の東京優駿を優勝したフサイチコンコルドである。 ...
  • しかし後方から追い込んだフサイチコンコルドにゴール前で一気に交わされ、クビ差の2着に敗れた。 ...
  • しかし、安岐は全く競馬の知識はなく、フサイチコンコルドを選んだ理由に「一は優勝だから縁起がいい」と言う理由からで、中道の「前走の阪神の短い直線で見せた切れ味のすごさは、府中でさらに効果がある」と正反対であった。
  • フサイチコンコルドとアンライバルドのGI馬両頭は、一族の象徴的存在と見なされている。 ...
  • 結局、フレッシュサイアーランキングはフサイチコンコルドに次ぐ第2位となったが、これはバランスオブゲームが新潟2歳ステークスを勝利したためで、勝ち上がった産駒の数および産駒の勝利数はサニーブライアンの方が多かった。 ...
  • 通算成績は3戦1勝と凡庸の域を出るものではないが、父が名種牡馬トニービン、母が東京優駿の勝ち馬フサイチコンコルドを出したバレークイーンという血統の良さを評価されて種牡馬となった。
  • 次へ