フェニレンジアミン

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 毒性が低いために好まれるが、多くの家庭用染毛剤は、今だフェニレンジアミンを用いている。 ...
  • 錯体化学においてフェニレンジアミンは重要な配位子である。 ...
  • o-フェニレンジアミンと亜硝酸ナトリウム及び酢酸の反応により得られる。
  • また、o-フェニレンジアミンとシュウ酸でキノキサリンが合成できる。 ...
  • 無置換体であるキノキサリンはo-フェニレンジアミンとグリオキサールを反応させると生成する。 ...
  • 一般的にはトリエチルオルトギ酸とo-フェニレンジアミンの縮合によって作られる。 ...
  • 自然の染料ではなく化学合成による染髪剤は、1860年代に発見されたp-フェニレンジアミンを材料としてロレアルの創設者であるジェーヌ・シュエレールが1907年に開発・発売したものである。
  • 金属-フェニレンジアミン錯体は、鮮やかな色のついた複数の酸化状態のジイミン誘導体を与える。 ...
  • o-フェニレンジアミンとケトン、アルデヒドを混合するとシッフ塩基が形成する。 ...
  • 硫酸を触媒としてグリコールとo-フェニレンジアミンを反応させ、ヒ酸水溶液またはニトロベンゼンで酸化処理する。 ...
  • 異性体に、m-フェニレンジアミンとp-フェニレンジアミンがある。 ...
  • まずp-アミノアゾ化合物と一級アミンが縮合し、その後生成したジフェニルメタフェニレンジアミンとp-ニトロソジアルキルアニリンが反応する。 ...
  • 右|サムネイル|500x500ピクセル 芳香族ポリイミドはピロメチル酸無水物とp-フェニレンジアミンなどの二無水物とジアミンを反応させて合成される。 ...
  • フェニレンジアミンは、示性式 C 6 H 42 の有機化合物で3種の異性体が存在する。
  • ドロペリドールの合成は1-ベンジル-3-カルボエトキシピペリジン-4-オンとo-フェニレンジアミンを縮合させる処から始まる。 ...