フィンランド化

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これがフィンランド化としても有名になった。 ...
  • これは「フィンランド化」と呼ばれる状態であり、ソ連崩壊までつづいた。 ...
  • これが明らかになると、当時報告されるべきであった政治家や公務員の間で怒りを買い、フィンランドのメディアによりフィンランド化の疑惑が取り沙汰されるなかで広く報道された。 ...
  • このソ連への従属・迎合ぶりがフィンランド化という言葉の誕生した背景であったが、逆説的に言えばフィンランドのしたたかさを証明するものでもある。 ...
  • しかし、フィンランド政府内でこの事件にほとんど関心が寄せられなかったことが判明したのは「フィンランド国民、特に政府内の人々がフィンランド化した昔に戻ることにうんざりしていた」ためであった。 ...
  • 日本では、中曽根康弘首相が「ソ連は、日本をフィンランド化しようとしている」と演説で述べ、ソ連が日本をフィンランドのような自分に逆らわない国にしようとしている、という懸念を述べたことがあったが、この演説は駐日大使を通じてフィンランド政府による抗議を受けている。 ...
  • フィンランドの元国連大使マックス・ヤコブソンは「もしフィンランド化という言葉が、超大国に国境を接する小さい中立国は、力の現実にその政策を適合させねばならない、という意味に使用されるならば、それに異論はない」としている。 ...
  • フィンランド化とは、議会民主制と資本主義経済を維持しつつも共産主義国の勢力下におかれる状態を、フィンランドとソビエト連邦の関係になぞらえた語である。 ...
  • この流れは西側諸国から「フィンランド化」と呼ばれ、これが広がって西側諸国がアメリカや北大西洋条約機構に頼らなくなってしまうことが危惧された。 ...
  • 政府もロシア人の干渉を未然に防ぐために親ソとも言えるような言動を繰り返し、かくして「フィンランド化」という言葉まで生まれた。 ...
  • この状況は西側諸国から「非共産国でありながらソ連に宥和的姿勢を示す」ことを指して「フィンランド化」といわれるほどになり、フィンランドの対ソ宥和姿勢は属国化の典型とみなされるようになった。 ...
  • 国際連合の常任理事国となったソ連から賠償金を請求されたほか、かろうじて非共産圏にとどまったものの、後世にフィンランド化と揶揄されるほどの親ソ政策・対ソ宥和外交を余儀なくされることになる。 ...
  • 早期返還の要因はフィンランド化の進展と技術の進歩による沿岸砲の旧式化、またフルシチョフ政権下のソ連によるスターリニズムの放棄などであり、ポルッカラ早期返還によって事実上フィンランドは中立化し、現在もNATOの外に残っている。 ...
  • thumb|360px|フィンランドが外交使節を派遣している諸国の一覧図 第二次世界大戦後、共産化せず資本主義体制を維持したまま、ソビエト連邦の軍事勢力圏に入ったジレンマに置かれたため、外交のみならず国内的にもソビエト批判をタブーとする空気に支配される状況が続き、これを「フィンランド化」と呼んだ。 ...
  • しかし、ギッリングをはじめとして、ソヴィエト・カレリアの統治に携わったフィンランド人社会主義者も、「大フィンランド」的発想のもと、カレリア人地域での教育言語のフィンランド語化など「フィンランド化」政策を進めた。 ...