ピンチを切り抜け

20 の用例 (0.00 秒)
  • 何とかこの最大のピンチを切り抜けた彼らだが、判明したのは仲間の裏切りであった。
  • どうやら最大のピンチを切り抜けることができたようだ。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 06』より引用
  • その不安は、何度ピンチを切り抜けても、消えるものではない、と。 山際淳司『ナックルボールを風に』より引用
  • これ以上ない形でこの回の大ピンチを切り抜け、そのまま一点も取られずに試合は結局引分けた。 江川卓『たかが江川されど江川』より引用
  • そろそろ、この絶体絶命のピンチを切り抜けるきっかけを作らないと命に関わる。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • それ以後の人生でも、植村は実に多くの内外の人たちに愛され、ピンチを切り抜けていく。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • 大抵の場合は正体を見破ることはないが、たまに見破られることもあるがすぐにピンチを切り抜ける。
  • 第4戦では無死満塁のピンチを切り抜け森福の11球と言われた。
  • これまで、症状のおかげでピンチを切り抜けたこともあったけど、そのピンチ自体が拡大症との関わりで巻き込まれたことだった。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 敵シンボルや地形の動きなどすべてを停止できるため、ピンチを切り抜けたり探索を容易にするといった効果がある。
  • いまACBは未曾有みぞうの危機に直面していますが、このピンチを切り抜けねばACBの未来はありません。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • 反面、戦士としても勇敢でもあり、戦闘でも他のサイバトロン戦士に引けを取らない活躍をみせ、自分でピンチを切り抜けることもある。
  • この間つねに軍事的にはアイヌ側が優勢で、和人側は謀略でピンチを切り抜けるしかなかった。 村井章介『海から見た戦国日本 ―列島史から世界史へ』より引用
  • 翌朝、神社から出てきたところで「奴ら」の襲撃を受けた際に「奴ら」への攻撃を躊躇した冴子に孝が理解を示したことから、ピンチを切り抜けた2人の仲は急接近した。
  • 藤井彰人を遊ゴロに打ち取りピンチを切り抜けると続く6回も無失点に抑えて降板した。
  • しかも後に、とうとう馬脚をあらわしながら、しかも、そのピンチを切り抜けた手腕は、非凡である。 菊池寛『日本武将譚』より引用
  • こんなピンチを切り抜けたのだ。 赤川次郎『シングル』より引用
  • しかし、速い球が投げられなくなり、変化球とバッターとのかけひきだけでピンチを切り抜ける、そういうピッチャーになってもマウンドに固執しつづけるのもまた、美しい。 山際淳司『ナックルボールを風に』より引用
  • フランス料理に関して素人同然の三星は、意地悪な先輩に無理難題を吹っかけられるが、持ち前の記憶力でピンチを切り抜けてしまう。
  • クライマックスシリーズでは中日との第1ステージ第1戦に登板し、1点リードの8回1死一・二塁の逆転のピンチを切り抜けクローザーの役割を果たした。