ピューン

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 時計の針がピューンと高速で回転したような、異様に速い時の流れだった。 ...
  • 確かに、その時後ろの方から放たれた弾丸が、ピューンと彼の頭上をかすめて過ぎたのだ。 ...
  • 一閃のオレンジ色の炎につづいて、弾丸がピューンとそばをかすめた。 ...
  • その上の旅客は、現実離れした厚紙細工人形のように、ピューンと飛び去っていく。 ...
  • その上をピューンと風音立てて、赤丸の太刀が振り下ろされようとしたまさにその時。 ...
  • 味噌樽は、なおも上からピューンとうなりを生じて落ちてきた。 ...
  • その老刑事は、すでに退職してしまっているが、彼の話によると、ピューンという頭上を飛び去る弾丸の音に、最初は、あわてて、地面にせてしまうが、慣れてくると、ピューンという音が聞こえた時は、頭上をかなり離れたところを飛び去った弾丸で、自分がねらわれていないことが多いから、平気になる。 ...
  • ピュー、ピュー、ピューンと細いがく透る、それは鹿の鳴声であったのだ。 ...
  • 弾丸はピューンとカークの耳をかすめ、背後の岩に当たって、岩屑の噴霧を撒き散らした。 ...
  • 弾丸が三発ピューンと音を立ててかすめ、照明燈の明りの下のどこかから連続的に発射された弾丸が草の葉さきを薙ぎながらとんだ。 ...
  • たとえば、ディスコへ行くときでも、エレガンス派が、 「彼の車に乗ってピューンと乗りつけないとサマにならない」 と思い込んでいる「ネオ・ジャポネスク」のようなところへは、渋谷派は行きません。 ...
  • 「お藤さん、しっかりしなよ」 声もろとも、ピューンと飛んで来た石つぶて、こいつがはっしと真眉間まみけんに当たったからたまらない。 ...
  • また、変身に際しては「シャキーン」ないし「ピューン」と表現される独特の効果音が挿入される。 ...
  • 此処ここに野営する人は必ず細いがよく透る声で、或は遠く或は近く、ピューン、ピューンと鳴く鹿の音を終夜聞くに相違ありません。 ...
  • ピューンと消音拳銃しょうおんピストルが鳴りひびくと、ねらいあやまたず、銃丸は眼窩がんかにとびこんだ。 ...