ヒラヒラさせながら

17 の例文 (0.00 秒)
  • パバロッティは例によって白い大きなハンケチをヒラヒラさせながら登場した。 ...
  • 「はやくはいてみなさいよ」 母親はスカートを手にもってヒラヒラさせながらいった。 ...
  • 坊さんがころもをヒラヒラさせながらモーター自転車で走って行くのは滑稽なありさまにちがいないからだ。 ...
  • 先生は届けられた紙切れをヒラヒラさせながら言った。 ...
  • 指をヒラヒラさせながらタイミングを取る個性的な打撃フォーム。 ...
  • 折から下りて来たエレベータアのケージが、床からまだ十数センチもはなれて高いところにあるのにそれを待てないで、とじあわせの紙をヒラヒラさせながら若い一人の行員がその中からとび出て来て、半分かける歩調で窓口の並んだホールの奥へ姿を消して行く。 ...
  • キャラコさんの居どころをつきとめようとして、東京中の新聞社の自動車が社旗をヒラヒラさせながら狂気のように走り廻っていた。 ...
  • そのとき、外信部次長の工藤がテレックスの用紙をヒラヒラさせながら近寄ってきた。 ...
  • 「お客さま」 フロント係は、紙切れをヒラヒラさせながら追いかけてきた。 ...
  • でも、トットは、その千円札をとり出すと、ヒラヒラさせながら、タクシー乗り場へとんで行って運転手さんに聞いた。 ...
  • 金田一耕助も借りものの袴の裾をヒラヒラさせながら、警部補のあとを追って走った。 ...
  • 金田一耕助が吹き渡る高原の風に、ヨレヨレの袴の裾をヒラヒラさせながら、参列していることはいうまでもないが、かれはときどき末席につらなっている譲治のほうへ、意味ありげな視線を送っていた。 ...
  • 「あたし、いま、引っぱりあげてくるからね、手足をつかまえて、みんなでいかだンとこまで持って行こうよ」 白いあしうらをヒラヒラさせながら、いったん、ずっと深くもぐって、両手で下からローリーさんの腹を押しあげるようにして浮いてきた。 ...
  • 「おまえ、あいつには気をつけろよ」 ラヴィン・スプーンフルのLPジャケットを、顔のまえでヒラヒラさせながら、高志がいった。 ...
  • はだしで、襟飾を赤くヒラヒラさせながら、西日の長い影をひっぱってビリンスキーへの往還をやって来たら、ペーチャは思いがけず、反対にこっち向いてやって来る親父を見つけた。 ...
  • やがて、指の間にティッシュをつめた両足を大きく広げて座り直し、右手をヒラヒラさせながら左手で缶をつかみ中身を一気に飲み下したルイは、のけぞって盛大なゲップをもらした。 ...