バーボップ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • そしてずいぶん高く登ったバーボップが横へ動くたびに、あわせて移動した。 ...
  • アレケレはビキの腕から跳び降り、バーボップもおなじように床に降りた。 ...
  • バーボップの小さな身体が光のなかでシルエットになった。 ...
  • このとき初めてバーボップは下を見た。 ...
  • 二十フィート上のバーボップはそのはずみを受けて、細い張り出しにかかった三本の手だけで宙ぶらりんになった。 ...
  • ふいにビキは強い恐怖感に襲われ、壁の下に歩いていって、にこにこしているバーボップを見あげた。 ...
  • しばらくすると、バーボップはなんとか下からの指示にしたがえるようになり、格子のあいだに遊び紐を通して、それを滑車かっしゃ装置のように使って降りてくることができた。 ...
  • バーボップの腕や脚は、本能的に窓の格子にしがみついた。 ...
  • アレケレとバーボップはゴクナのほうもビキのほうも、もちろんジャーリブのほうも見ていなかった。 ...
  • バーボップはそれをあざけるように笑った。 ...
  • バーボップが凍りついたように動けなくなってだいぶたった頃、アレケレが泣くのをやめて、バーボップのことを笑いはじめた。 ...
  • ちょっとしたはげましの言葉をかければ、バーボップはてっぺんの窓までよじ登れるだろう。 ...
  • バーボップは遊び紐の端をアレケレから奪うと、壁に跳びつき、身体の小さな子どもだからこそ可能なわずかな手がかりや足がかりをつかんで、十フィートから十五フィートほどよじ登った。 ...
  • アレケレがそうすると、バーボップはさっと紐を引きあげ、さらに五フィートほど登った。 ...
  • アレケレとバーボップは、そんなジャーリブの背中にしがみついたまま、両親を恋しがって泣きわめくのと、不気味なほど沈黙するのを周期的にくりかえしていた。 ...
  • アレケレがうしろに跳び退がりながら、宙に大きく弧を描くように紐を引っぱり出すと、バーボップが跳びついてつかんだ。 ...
  • バーボップとアレケレは、まだ腹ばいになっているブレントの上に這いあがり、ポケットのなかをごそごそ探っている。 ...