バート・フランクリン

2 の例文 (0.01 秒)
  • 以下のような疑いが残った、すなわち、主陪審員捜査者バート・フランクリンの、陪審賄賂罪未遂のかどでの逮捕の後ダローは、有罪の答弁を急ぐ必要があった、なぜなら彼は彼が賄賂罪未遂でも訴えられるであろうことを知っていたし、弁護士の1人が司法取引はすでに合意していたから彼は陪審員らに賄賂する動機はなかった。 ...
  • 裁判官は、行き詰まりを真に打開したのは、弁護側に雇われた探偵バート・フランクリンの、陪審員賄賂罪未遂容疑での逮捕であった、と述べた。 ...