バレエを習う

21 の用例 (0.00 秒)
  • 幼いころ、彼女はバレエを習いたかったが、弟達はテコンドーを望んだ。
  • 子どもの頃からモダンバレエを習っており、舞台人になりたいと思っていた。
  • バレエを習っているのは、クラスで祥子さんだけではなかったのだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 06 ウァレンティーヌスの贈り物(後編)』より引用
  • 姉は両親に可愛がられて育ち、小さい時からバレエを習っていました。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 母親がバレエ教室を開業していたため幼少のころからバレエを習う。
  • その主催者は幼いころ、佳奈と一緒にバレエを習った嵐子だった。
  • 日本でバレエを習っている子どもの多くはプロのダンサーになることを目指しているわけではない。
  • 五歳の時からバレエを習っていたが、中一から三年間は社交ダンスの個人授業を受けたとか。 今野緒雪『マリア様がみてる 01』より引用
  • バレエを習っていた姉の影響で、3歳のときに自身も習い始める。
  • 五歳のときから九年間、波多野はクラシック・バレエを習っていた。 姫野カオルコ『蕎麦屋の恋』より引用
  • 連載1回目に読者から貰った手紙の半分以上が、バレエを習っている人からだったという。
  • バレエ教室の教師である母の下で、小学校入学時からクラシックバレエを習う。
  • 小さい頃は「男だから出番が多い」との理由でクラシックバレエを習っていた。
  • バレエを習い始めたことをインタビューで明らかにしている。
  • 子供のころからバレエを習い、演技のレッスンを取るためにしていたモデルがきっかけとなって映画界入りした。
  • また友人の影響で、幼い頃からバレエを習い、16歳の時には演劇のクラスを専攻する。
  • また、小学生から中学生になるまでクラシック・バレエを習っていた。
  • 父親はポルトガル人で、3歳からリオデジャネイロでバレエを習い始めた。
  • これは、中学生の時だったが、曙美が一時、バレエを習いたいといっていた時期があった。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • バレエを習っていた姉の影響で、福岡市の坂本順子に習い始める。

バレエを習う の使われ方