バルチャー

48 の例文 (0.02 秒)
  • 彼はバルチャーであり、特定の勢力には所属していない。 ...
  • しかし本機は開発中のエンジンであるバルチャーエンジンを用いたため性能不足であった。
  • 元エンパイア・ステート大学の教授で、肉体をバルチャーに突然変異させた。 ...
  • また、海上で生業をするバルチャーは、シーバルチャーと呼ばれている。 ...
  • 戦後も残された数多くの機体がバルチャーや企業の警備隊、農村の自警団などによって運用されている。 ...
  • しかしその砲撃はスループ艦バルチャーをして碇を切らせ下流に移動させるには十分だった。 ...
  • この経験を経て、飛行の快感と強化されたパワーに酔いしれた彼は、バルチャーと名乗り犯罪者への道へ進むことを決意する。 ...
  • アパトーは後にバルチャーとのインタビューで、「もはや、私たちを彼女の行動を笑ってしまうことはできない」と発言している。 ...
  • また彼らは陸での同業者を「陸バルチャー」と呼ぶことがある。 ...
  • 現場でアンドレと共犯でバルチャー号に乗って逃げたベネディクト・アーノルドは、ウェストポイントをイギリスに引き渡そうと計画していたのである。 ...
  • イギリス海軍の砲艦1隻が川からの接近に対して守るように配置され、武装スループ艦バルチャーも川に停泊していた。 ...
  • 彼らは傭兵として活動したり、バルチャーとして両勢力の残したモビルスーツ等の機器を漁ったり、中には盗賊の類となるものもいた。 ...
  • 陸戦仕様に改造したオクト・エイプのバルチャー仕様。 ...
  • 運用停止の背景には、バルチャーエンジンの信頼性不足はもとより、パイロットから作戦行動執行における不満があった。 ...
  • 一方バルチャーは偶然ウィンザーに到着し、そこで幾らかの海兵とフェンシブル隊員を乗せた。 ...
  • ピーターを退け飛び立とうとするトゥームスであったが、限界を迎えていたバルチャーのスーツは自爆してしまう。 ...
  • バルチャーの仕事として、主に旧連邦軍や宇宙革命軍の残したモビルスーツ等の物資の収集や交易などに用いられていた。 ...
  • しかし、バルチャーエンジンの開発は難航しハンドレ・ページ社はHP56の開発計画を放棄してしまったので、結果的には本機が仕様に従って開発された唯一の機体になった。 ...
  • 戦後、廃棄された軍事施設や兵器の残骸を漁って売りさばく者達のことを禿鷹に例え、バルチャーと呼ぶようになった。 ...
  • また、戦争終結後も旧連邦所属だったドートレス同様多数が残存し、様々なカスタマイズを受けバルチャーやその他のMS乗り達によって運用された。 ...
  • フリーデンは、旧連邦軍が開発したアルプス級の双胴型陸上戦艦をバルチャーが改装した艦である。 ...
  • 第4版ダーク・サンでのアーラコクラはバルチャー・フォークの異名があり、その名の通りハゲタカに似た容姿になっている。 ...
  • しかし、2基のケストレルエンジンを結合したバルチャーエンジンはトラブル続きで、作戦行動に支障をきたすことが多かった。 ...
  • オーシア軍艦隊は封鎖線の突破に成功し、ケストレルは他空母のバルチャーとバザードとの合流を目指しベニオン海に向けて航行した。 ...
  • スティレット/轟雷からバルチャー改にかけて使用されていた。 ...
  • 彼は、当時FEAF爆撃機司令部長のジョセフ・D・カルダラ准将を連れてきており、「バルチャー」ミッションの飛行と指揮を担当することになる人物だった。 ...
  • 学生を助けたヒーローとしてスパイダーマンが学内の人気者となったことに喜ぶピーターは、なおも功績を上げようと、バルチャーたちの取引現場を直接押さえようとする。 ...
  • バルチャーの正体がリズの父親であったことに狼狽えるピーターを尻目に、トゥームスはピーターとリズとの会話からピーターがスパイダーマンであることを看破し、これ以上商売の邪魔するようなら大切な人を殺すと脅迫する。 ...
  • 次のページ

バルチャーで始まる単語