バス趣味

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • バス趣味雑誌が電子書籍として販売されるのは日本でも初の試みである。 ...
  • その後もバス趣味雑誌が創刊され、現在も刊行されている。 ...
  • これらのことから、バス趣味に有用な情報が出版物や放送メディア等を通じて一般に手に入りやすくなったのは、主に1980年代に入ってからと推定できる。 ...
  • こうしたバス趣味者人口の増加にともない、バス事業者側でもバスファンを対象としたイベントを開催する例が見られるようになる。 ...
  • また一方でバス車両は自動車の一形態であり、バス趣味は自動車趣味の中での一ジャンルでもあるため、専門用語にも自動車用語が多く見られる。 ...
  • バス趣味関連の同人誌も各種取り扱う 1980年代に入ると、鉄道趣味雑誌にバスの情報が掲載されるようになった。 ...
  • 鉄道ファンであると同時にバスファンでもあることから、バス関連の著作が多く、日本におけるバス趣味、あるいは公共交通全体の問題に関する第一人者と紹介されての講演なども行っている。 ...
  • バス趣味は鉄道ファンなどと比べても愛好者の母数が少ないうえ、鉄道以上に地域密着色が濃く、地元の事業者が載っていないと雑誌を買わないというファンも多いため、どうしても人口の多い首都圏の大手事業者中心の誌面になりがちである。 ...
  • 特に後者になるほど、バス趣味としてよりもスタンプラリーや、日本中の郵便局を回る「旅行貯金」などと性質が近くなってくる。 ...
  • 同誌は1980年11月号で「鉄道と自動車」を特集として取り上げ、和田由貴夫による「バス趣味」についての記述を含む長距離バスに関する記事を掲載している。 ...
  • 同社の社長と運行部長はともに大手バス会社で勤務歴があり、当時刊行されていたバス趣味雑誌『バスメディア』をきっかけに交流を持つこととなり、バス趣味団体「東京バスリサーチ」を結成。 ...
  • そのため誌面のスタイルも『バスマガジン』と似ている部分もあるが、第3号からはバスの走行音などを収録した付録CDをつけるなど、後発のバス趣味雑誌として差別化を図った。 ...
  • 日本国内外の日産ディーゼル・U32型バスの写真を撮影して回ったあと、1996年に現社長の当時の勤務先であった西武バスから中古でP-U32Lを購入したことがきっかけとなり、バス趣味が高じてバスウェイが設立されることとなった。 ...
  • そして1984年からは、同『鉄道ジャーナル』誌上でバス趣味のコーナー「BUS CORNER」の連載が開始され、通常3ページの誌面を割いてバスについて細かく取材された記事を掲載するようになる。 ...
  • 下記以外にもバス趣味サークルが存在し、たとえば種村直樹のファンクラブであった「種村直樹レイルウェイ・ライター友の会」にも、会員有志によるバス趣味サークルが存在した。 ...