バイジョウ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その伯父の遺言を果たすために、無影の戦車の陪乗をかって出たのだ。 ...
  • 不自由な身体で、それでも大牙の車の陪乗ばいじょうを強引に申し出てきたのだった。 ...
  • 午后一時男に陪乗して敦賀を発し米原で告別して下り列車に乗移つた。 ...
  • その上、もうひとりの陪乗が子遂に合図されて、無影の身体にすがりついた。 ...
  • その祐亨が、天皇の御料列車に陪乗して東京へ帰ってきたのは同月三十日になってからのこと。 ...
  • 御陪乗の人はよく見えません。 ...
  • この高貴な身分の夫妻は王のお車に陪乗した人々の血筋をひいていないすべての人に対して、衷心ちゅうしんからの軽蔑を隠しはしなかった。 ...
  • 無影の戦車の陪乗は、百子遂がつとめることになった。 ...
  • それには古い知り合いの女御の乳母めのとが陪乗したのである。 ...
  • この強勢に恐れをなした魏と韓の王達をそれぞれ御者と陪乗にするほどにまで屈服させた。 ...
  • 奈良武次武官長が陪乗していたが、天皇は極めて冷静沈着で、帰還後も事件について何ら言葉をかけることもなかったという。 ...
  • 北魏の孝武帝の即位前から親しく、即位後も帝が宮中から出るときには必ず車に陪乗し、宮中にあっては帝の寝室に入ることを許されるほどの親密ぶりであった。 ...
  • この貴族たちは陛下の御馬車に陪乗を・・・・・・・・・・・せつかった《・・・・・》人々の子孫でないかぎり、だれに対しても公然と心からの軽蔑けいべつを見せる。 ...
  • もうひとりの陪乗から戈を受け取ると、斜め前方に向けて構える。 ...
  • 茫然とする陪乗の兵を叱咤しったし、戦車を急発進させた。 ...
  • 声の冷静さに、陪乗の兵たちが焦ったほどだ。
  • そして、 「だれかお付きが一人来られますか」 と言ったので、姫君の始終そばにいる侍従という女房が行くことになり、尼君はそれといっしょに陪乗ばいじょうした。 ...