ハンドルを切り

160 の用例 (0.01 秒)
  • 眼の前に倒れかかってきた大幹をよけようと、ラストはハンドルを切った。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • 避けようとして激しくハンドルを切った瞬間、彼の車は安定を失った。 中野好夫『世界史の十二の出来事』より引用
  • 前のベンツがさっとハンドルを切って側道へ入り、一台分の隙間ができた。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 弟氏はハンドルを切りながら、連載の最終回に滑りこめたことを喜んでいる。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • ところが気がつくと深春は大きく左にハンドルを切っている。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 安雄は、今度は慎重にハンドルを切り、建物脇の駐車場に車を入れた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • 「あれからお前のあとを追ったんだよ」吉山は交差点でハンドルを切った。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • ブレーキをかけるのと同時に、トラックは右に急ハンドルを切っていたのだ。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • 車はたてつづけに右へ左へとハンドルを切りはじめていた。 半村良『魔女街』より引用
  • 長いコーナーであればハンドルを切りっぱなしにするだけでテールが出る。
  • ハンドルを切ると同時に、巨大なメカニズムの鼻面が右へと流れていく。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • そう思った私は早速ハンドルを切って植物園の駐車場に車を滑り込ませました。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 新田はサイドミラーも確認せずにハンドルを切ってベンツのあとを追った。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • すぐ近くの青山通りを左にハンドルを切って渋谷のほうに走らせる。 大藪春彦『戦いの肖像』より引用
  • 運転する若い兵士がハンドルを切って右に車体を寄せ、柳の並木の陰で停車した。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 彼自身、信じてないというように、少し笑いながら運転手はハンドルを切った。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 左にハンドルを切って、エディ街にまがろうとしているところだった。 ハメット/砧一郎訳『コンティネンタル・オプ』より引用
  • おれは大きくハンドルを切って、左側の奥に見える門扉へと向かった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • ハンドルを切り終えると、道路交通法違反を承知で携帯電話をかけた。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • あわや、という瞬間、二台はそれぞれ左右にハンドルを切り衝突を避けた。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • 次へ »